FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

マーカラワジーガ

5月18日、沖縄県立博物館・美術館講堂におきまして、「マーカラワジーガ:来るべき自己決定権のために」と題するシンポジウムが開催されました。

午後1時から9時までのシンポでした。私にとっては、これをきっかけにして琉球で何かが始りそうだという予感がしました。

会場に来ている方も、真剣なまなざしでした。現在の琉球の危機的状況をなんとか打破したいという、いてもたってもいられない方々が集まったと思います。

私は、琉球と日本とが対等な関係性を確立するためのいくつかの提案をしました。来年は、琉球国への島津藩侵略から400年、琉球処分から130年という、節目の年です。その年に向けて、琉球人は自己決定権を行使すべきではないでしょうか。

特に、琉球処分に対する日本政府の謝罪、「沖縄返還協定」の見直し等により、琉球の新たな政治的地位の確立、つまり、日本と対等な関係性を構築する必要があると考えます。

シンポの第一部では、新川さん、川満さんが反復帰論について語ってくれました。反復帰論は、一時的な議論であるとの意見もありましたが、現在まで、継承され、支持されている議論です。それだけ、琉球に基地と開発を押し付ける「復帰体制」に多くの人々が反対していることを示していると思います。

会場には500人近い人々が集まりました。昨年、石垣島でも午後1時から8時までのシンポジウムに参加しましたが、石垣島でも沖縄島でも、島の危機的状況に人々が目覚め、動き出しているという、歴史の発動を感じました。

シンポが終わった後の懇親会でも、パネラー以外の方の発言もあり、大変、刺激を受けました。

特に、ジュネーブの先住民族作業部会に参加したあと、那覇市議員に当選した平良さんとの話し合いに、大変、期待を持つことができました。社会大衆党をローカルパーティではなく、ナショナルパーティにする、同党を根本から変えていくという強い発言に感動しました。

会場にあつまった一人一人が自ら琉球の自治のために、考え、行動するという、意気込みを肌で感じた1日でした。この歴史的体験を次の一歩につなげたいと思います。



スポンサーサイト



<< 龍谷大学大学院民際学研究コースのご案内 | ホーム | 関西沖縄文庫での講演、コンサート。自己決定権シンポ。 >>


コメント

松島さん

このシンポジウムのレジュメがありましたら、ぜひ拝見させてください。

自己決定権

自己決定権。大切なテーマですね。

来年は節目。ぼくもそう思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP