FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国際法と琉球の地位

台湾大学政治学系の張先生が今回の国際シンポのコーディネーターであり、企業から開催のためのファンドを集める等、大変ご尽力下さりました。心より感謝申し上げます。みゅふぁいゆー。昨日はポツダム宣言という国際法が発効した日でもあり、ポツダム、カイロ、ヤルタ等に基づき、当時の国際情勢等をふまえながら琉球の地位について報告されました。



中评社台北7月26日电(记者 李文辉)针对战后政治安排与琉球问题,台湾大学政治学系教授、两岸统合学会理事长张亚中,今日在“波茨坦公告纪念研讨会-琉球地位与东海和平圆桌论坛”上,发表《战后政治安排与琉球问题》专题演讲,针对琉球地位未定论,提出两种解决方案,一是交由联合国重新处理;二是由两岸和美、英、俄、日、琉球等六方召开多边会议处理。

  张亚中认为,《开罗宣言》、《波茨坦公告》中,日本以武力所攫取的土地将被剥离,而其领土主权“必将限于本州、北海道、九州、四国及吾人所决定其他小岛之内”。“吾人”指的就是参与《波茨坦公告》的中、美、英三国。因此,日本的领土可以包括哪些“其他小岛”,必须战胜国家共同同意才算数。

  张亚中说,“中华民国”政府迄今从未同意日本的领土包括钓鱼岛列屿与琉球,日本据有钓鱼岛列屿及琉球迄今,已然违反《波茨坦公告》。更进一步来说,日本将钓鱼岛与琉球连结在一起,因为如果日本没有拥有琉球的法理主权,自然也就没有钓鱼岛列屿的主权。现行状况是美日双方各有所图的结果,公然剥夺琉球人民自决权。

  张亚中指出,从国际法来说,战胜的四强并没有均同意“其他小岛”是否归属日本,琉球的法理地位迄今仍然没有解决,“琉球地位未定论”应是目前琉球地位的写照。在琉球问题上,有两种解决之道,一是由联合国重新处理琉球地位一事,一是以多边会议处理。

  由台大政治学系主办、两岸统合学会协办的“波茨坦公告纪念研讨会-琉球地位与东海和平圆桌论坛”,今天上午在台湾大学社会科学院举行。台大政治系教授、两岸统合学会理事长张亚中发表“战后政治安排与琉球问题”论文,全文如下。

  一、战后国际法文件确定琉球已不属于日本

  1943年11月26日“中华民国”、美国、与英国共同发布的“开罗宣言”(Cairo Declaration)中,亦明定“在使日本所窃取于中国之领土,例如东北四省、台湾、澎湖群岛等,归还“中华民国”,其他日本以武力或贪欲所攫取之土地,亦务将日本驱逐出境”。对于中国来说,不仅是做为台湾附属岛屿的钓鱼岛列屿应该还给“中华民国”,琉球也是日本以武力所攫取的土地,自然应该将其从琉球的土地上将日本驱逐。

  1945年7月26日“中华民国”、美国、英国等同盟国共同发布的《波茨坦公告》(Potsdam Proclamation)第八条称:“开罗宣言之条件必将实施,而日本之主权必将限于本州、北海道、九州、四国及吾人所决定其他小岛之内”。这一公告文字有两个可以讨论的法律意涵,第一、琉球群岛是否算是其它小岛,于即琉球群岛是否自战后已经将其自日本剥离?如果视其为已经剥离,中、英、美三国也不应再将其视为日本的小岛。第二、如果没有剥离,中国作为当事国,当然对于“本州、北海道、九州、四国”四个本岛以外的其它“小岛”是否属于日本有发言权,换言之,只要做为当事国的“中华民国”,也就是当时的中国,不同意日本的主权可以包括钓鱼岛列屿及琉球,日本的领土主权即不能包括上述地区。
スポンサーサイト

<< 林先生と私 | ホーム | 琉球地位と東アジアの平和 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP