FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

林先生と私

昨日、一緒に報告し議論した林先生は10年間、琉球大学で教員をしておられ、昨年、台湾の中央研究院に移籍されました。林先生とは17、8年前に東京でお会いし、大学院生の研究会でともに琉球について研究したことがある研究仲間です。大学院生の頃、一緒に新川明さんにインタビューしたことがあります。琉球史をふまえながら、琉球人のアイデンティティの変遷と政治的地位との関係等について報告して下さいました。香港で育ち、東京大学で学び、学位をとり、ハーバード大学で研究し、現在は東アジアをまたいで琉球・中国・台湾・日本・東南アジア諸国との関係のあり方について研究し、発言し、台湾政府にも政策アドバイスを行っている気鋭の学者です。



中评社台北7月26日电(记者 李文辉)由台湾大学政治学系主办、两岸统合学会协办的“波茨坦公告纪念研讨会-琉球地位与东海和平圆桌论坛”,今天上午在台湾大学社会科学院第一会议室举行。这是1945年7月26日中、美、英同盟国共同发布《波茨坦公告》后台湾近40年来第一次就琉球地位进行公开探讨。

  会中特别邀来于今年5月15日美国将琉球行政权交给日本42周年成立“琉球民族独立综合研究学会”、争取琉球独立的琉球学者松岛泰胜专题演讲“‘琉球独立’的现在与未来”。

  今天到场的还有台大法学院、社会科学院前院长,现任台湾日本研究所长许介鳞、政大日文系教授传琪贻、台湾钓鱼台光复会理事长刘源俊、保钓人士殷必雄、“外交部”官员、和两岸、日本重要媒体到场采访。

  研讨会由台湾大学政治学系教授、两岸统合学会理事长张亚中开幕致词“战后政治安排与琉球问题”;“中央研究院”近代史研究所副研究员林泉忠专题演讲“中国大陆‘再议琉球’与钓鱼台问题”。

  张亚中指出,从“开罗宣言”到战后《波茨坦公告》第8条称:“开罗宣言之条件必将实施,而日本之主权必将限于本州、北海道、九州、四国及吾人所决定其他小岛之内。”等国际法文件确定琉球已不属于日本,盟军司令部不将琉球视为日本领土,美国对于日本领土范围应该南再哪里,一直在变,从北纬30度以北、到29度以北,最后连29度以南,都在基金会和会中以日本有“剩余主权”,包括钓鱼台列屿的行政权,一并交给日本,;美国私相授受将琉球归还给日本,“中华民国”政府有表达反对,因此琉球地位问题并未合法解决。

林泉忠表示,琉球曾是半独立王国,1372年开始朝贡,成为中国藩属国,也称为“外藩”。在长达500年封贡关系中,中琉关系友好、密切,中国文化也大量进入琉球,影响至今。1609年日本南部的萨摩藩入侵琉球后,琉球也向日本称臣,此后日本控制了琉球的经济命脉,战后史学家多称该时期为“两属时代”。日本明治维新后,于1879年单方面武力并吞琉球,改为“冲绳县”,许多琉球精英前往北京求援,清朝与日本多方交涉未果,成为“悬案”。战后美国接管琉球,将名称改回“琉球”。1952年《旧金山条约》承认日本对琉球的“潜在主权”。美国于1972年将琉球的“行政权”移交日本,引发“中华民国”的抗议并不予承认,中华人民共和国政府则至今对琉球地位未曾表示异议。

  大会并邀请贵宾日本龙谷大学经济学系教授、琉球民族独立综合研究学会创办人松岛泰胜,发表“‘琉球独立’的现在与未来”专题演讲,由“中研院”文哲所博士后研究员廖钦彬翻译。

  研讨会分两子题,第一子题“东亚秩序与琉球地位”,由“中央研究院”近代史研究所研究员张启雄引言;南荣技术学院应用日语系副教授许金彦谈 “二战前后琉球地位的国际交涉”。

  第二子题“琉球的国族认同与琉独问题”由“中央研究院”近代史研究所副研究员林泉忠引言,谈“琉球/冲绳民众国族认同的过去与现在”;东华大学历史学系副教授许育铭主讲“战后在台琉球人的独立运动”。

  综合讨论由辅仁大学日文系教授、日本研究中心主任何思慎主持暨与谈;另一与谈人是台湾大学政治学系助理教授蔡季廷。
スポンサーサイト

<< 蘭嶼の民族 | ホーム | 国際法と琉球の地位 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP