FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾の人間のエネルギーを肌で感じる

昨晩の写真のコメントです。写真は私のFBでご確認下さい。




事実上、国として存在している台湾の諸側面を実感するような場所にもいくつか行くことができました。国としての台湾の実像、国になるにはどういう方法があるのか、そのためにどのような問題に直面し、解決しようとしてきたのか等を考えました。

一昨日、午後のシンポジウムでは福建師範大学の先生ともお話をさせていただきました。右の方です。福州と琉球との関係は深く、現在でも琉球、福州、台湾との間で学術文化交流が行われているそうです。いつか福州にも行って、交流してみたいですね。

廖先生には朝から晩まで通訳して下さいました。通訳だけではなく、色々なことを話して下さり、大変、勉強になりました。これからの研究上のご活躍が大変、期待される新進気鋭の学者です。

一昨日、台湾大学社会科学院で行われたシンポジウムが始まる前の写真です。この後者は日本の台湾統治時代に作られたものであり、歴史の重みを感じさせる建物において、東アジアの中の琉球の地位について、しかもポツダム宣言が行われた歴史的な日に議論することができました。

通りの真ん中に出店がいくつもあり、左右を人が方を接しながら、食べている人を見ながら歩きます。少しずつ美味しいものを沢山つまみながら食べるという、食生活の豊かさを感じました。食事をしている人をみるだけでもさらなる活力がわいてきますね。

薬膳ソーキです。漢方薬で味付けしたものですが、とても美味しく、しかも体にもいいそうです。ソーキでもいろいろな食べ方があると思いました。隣のお客さんと楽しく、人と人とが密着して食べたり、歩いたり、話したりと人間の存在、関係性が密接になるのも夜市が人気のある理由ですね。

その後、台湾の夜市に案内して下さいました。美味しくて安い食べ物をはじめとした色々なものがたくさんあり、人々のエネルギーを感じました。台湾の人は人生を大いに楽しんでいると肌で感じました。

中央研究院には約1000人の研究者がおります。林先生が所属されている近代史研究所は世界的にも注目されている研究者が多くいる研究所です。林先生とは20年近く前に出会いましたが、現在でも研究上でも示唆を受け、その活動からも多いに励まされています。

昨晩は、最初に、中央研究院内にある林先生の研究室に案内して下さいました。充実した研究体制の中で、活発に研究され、社会活動をされている土台を拝見させていただきました。

スポンサーサイト

<< 琉球学者:琉球不属于日本 | ホーム | 蒋介石の琉球政策批判 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP