FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾で沖縄の帰属問題を語るシンポジウム開催

台湾の新聞社による26日のシンポの報道です。




台湾で沖縄の帰属問題を語るシンポジウム開催

中央社フォーカス台湾2013年07月26日20時11分

コメント
2

写真拡大
(台北 26日 中央社)台北で26日、「琉球の地位および東シナ海平和円卓フォーラム」と題したシンポジウムが開かれ、台湾と日本の学者・専門家らが沖縄の帰属問題などについて意見交換をした。

台湾で沖縄の地位や帰属問題を扱う討論会が開催されたのは、この40年近くで初めてで、国立台湾大学社会科学部の会場には台湾メディアのほか、日本の報道関係者も多く駆けつけた。

今回のシンポジウムでは、基調講演で台日双方の大学教授や学術機構の研究員らが「中国大陸の“琉球再議”および釣魚台問題」や、「東アジア秩序および琉球の地位」、「戦後の在台湾琉球人による独立運動」などについてそれぞれ主張を発表、龍谷大学(京都府)経済学部教授の松島泰勝氏(=写真)が“琉球民族”の概念をめぐって同じく日本の参会者と議論を交わす一幕もあった。

一般討論では、輔仁大学(新北市)日本研究センターの何思慎センター長が「琉球は日本が戦争によって手に入れた領土であり、戦後はその主権を放棄すべきで、中華民国(台湾)は琉球の独立性を最も尊重する国家」との認識を示した。

釣魚台(日本名:尖閣諸島)への主権も主張している台湾は、琉球(沖縄)を日本の領土として認めておらず、歴代の駐日代表(大使に相当)で沖縄を訪問したのは、民進党政権期(2000~2008年)の許世楷氏のみという。

(蕭保祥/編集:羅友辰)
スポンサーサイト



<< 喜友名嗣正(蔡璋)の独立運動 | ホーム | 琉球学者:琉球不属于日本 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP