FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

原発震災より開発研究を再考する

9月29日に甲南大学で開催される「原発震災より開発研究を再考する」と題する国際開発学会の研究会が開催されます。私も「新たな植民地主義としての琉球の振興開発体制」と題する報告を行います。参加希望の方は事前に名前・ご所属を事前に、甲南大学の真崎先生にまでご連絡ください。真崎克彦 k_masaki425@nifty.com


【日時】9月29日(日)13時半~17時
【場所】甲南大学 西宮キャンパス
【テーマ】原発震災より開発研究を再考する

【内容】国際開発研究は「途上」国を対象とした開発技法論に力点を置いてきた
ため、原発震災であらためて露わにされた、内国的・国際的な不公正な開発政治
に目が向いてきませんでした。そうした開発研究のあり方を抜本的に問い直します。

【プログラム】「趣旨説明」(真崎克彦、甲南大学、研究部会 副代表)

「原発産業のカネとヒト」(中野洋一 氏、九州国際大学)
原発産業は日本の巨大ビジネスの一つである。9つの電力会社の年間売上高は約
15兆円であり、原発産業には年間約2兆5000億円近い資金が動いている。その原
発産業のカネとヒトに焦点をあて、特に「原発マネー」の流れを中心としながら
分析する。

「新たな植民地主義としての琉球の振興開発体制」(松島泰勝 氏、龍谷大学)
本報告では、1879年の琉球併合から今日まで続く、琉球に対する構造的差別を明
らかにした上で、「復帰」以降の振興開発体制が新たな植民地主義でしかないこ
とを明らかにする。特に米軍基地とリンクした開発政治の分析に焦点を当てる。
【発表者紹介】

中野洋一 氏  
国際経済学、特に南北問題、途上国の貧困問題が専門。九州国際大学国際関係学
部教授、博士(商学)。現在、副学長。

著書は『軍拡と貧困のグローバル資本主義』法律文化社2010年、『原発依存と地球温暖化論の策略―経済学よりの批判的考察』法律文化社など、多数。
松島泰勝 氏

  石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。
在グァム日本国総領事館、在パラオ大使館勤務を経て、

現在、龍谷大学経済学部教授。NPO法人ゆいまーる琉球の自治代表。
「琉球民族独立総合研究学会」共同設立者。主要著書に『琉球独立への道―植民
地主義に抗う琉球ナショナリズム』法律文化社。
スポンサーサイト

<< 松島泰勝:釣島資源應與週邊國家共享 | ホーム | 喜友名嗣正(蔡璋)の独立運動 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP