FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

松島泰勝:釣島資源應與週邊國家共享

尖閣諸島の台湾帰属を手法する団体の理事長から、尖閣諸島に対する認識を問われましたので、次のように答えました。尖閣諸島と琉球との歴史的関係、近年の尖閣諸島を巡る緊張の高まり、日本による島嶼防衛や日米合同訓練の強化傾向等を説明し、もし尖閣諸島を巡り戦争になったら、琉球がまず戦場になり再び沖縄戦のようになるだろう。島を戦場にしないためにも、欧米の私的所有権を島々に対して主張するのではなく、東アジアの人々が尖閣諸島を共有し、ともに活用していくような智恵を使うべきであると述べました。平和を求める琉球人のことを念頭において尖閣諸島について考えてほしいと説明しました。



中評社台北7月29日電(記者 李文輝)由台大政治學系主辦、兩岸統合學會協辦的“波茨坦公告紀念研討會-琉球地位與東海和平圓桌論壇”,26日上午在台灣大學社會科學院舉行。台灣釣魚台光復會理事長劉源俊提問琉球人對於釣魚台歸屬的看法,成立“琉球民族獨立總合研究學會”的日本龍谷大學經濟系教授松島泰勝表示,相對於成為戰場的威脅,他和愛好和平的琉球民眾都主張,以“大家的釣魚台”、“東亞的琉球”、“東亞的釣魚台”角度,來看待釣魚台,和周邊國家和平共存、共享資源。

  松島泰勝指出,1996年他和北海道的愛努民族一起到聯合國各相關組織抗議,主張他們是不是大和民族,而是琉球、北海道的“先住民”(原住民),不應屬於日本主張時,“琉球民族”的概念才慢慢成形。當時他們也抗議1995年琉球少女遭美軍強暴沒有妥善處理,可是那時沒有提到“琉球民族”,而是相類似的“我們是琉球人”的概念去爭取。

  至於釣魚台歸屬,松島泰勝表示,釣魚台列嶼所有權,從東京都到化為國有,日本政府開始在無人島設置軍事基地、和美軍共同演習等一系列活動,不斷在進行,對於從事文化工作的琉球市民來說,如此一來,琉球會變戰場,他們希望和平看待,一如今天與會專家理解,釣魚台和中國素有淵源,琉球居民愛好和平,更傾向用“大家的釣魚台”、“東亞的琉球”、“東亞的釣魚台”的角度來看待釣魚台,和周邊國家和平共存、共享資源。

中研院近代史副研究員林泉忠回應,他在琉球大學任教時,曾經問過琉球民眾“住在這裡的人是不是一個民族?”結果大部分人沒這個概念,他從歷史了解,過去經常有琉球是個民族的概念,現在反而沒有或消失,是因“沖繩人”的認同在轉變,很多人提到“復歸”,只想到是回到日本,也出現“琉球民族”是否適用自己的變化。

  林泉忠說,釣魚台歸屬依他2007年調查,唯一調查,認為釣魚台屬於日本有54.5%、屬於琉球16.3%、屬於中國1.3%、屬於台灣0.5%,和他們的國家認同傾向日本的結果若合符節。就他觀察,琉球一般人對釣魚台不那麼關注,他們更關注美軍基地,而且認為中國“再議琉球”是挑釁行為,相對複雜一點。

スポンサーサイト

<< 台灣學者:琉球為何不能獨立?應該支持 | ホーム | 原発震災より開発研究を再考する >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP