FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

林泉忠:兩成琉球人支持獨立、六成反對

台湾の中央研究院副研究員の林泉忠先生は、琉球併合後の琉球人意識の変遷と、琉球の独立、自立との関係について報告されました。2007年に林先生が行った調査結果つまり、独立支持者が全体の20%という数字を明示するとともに、1995年以降、琉球の独立、自立運動が顕著になった背景を、米軍基地、経済自立、アイデンティティをキーワードにしながら明らかにしました。林先生は10年間琉球大学で教えた後、昨年、中央研究院に移りました。先生のブログにたいし約5千万人がコメントを寄せる等、その発言が中華圏社会に大きな影響をもつようになっています。




中評社台北7月29日電(記者 李文輝)台灣大學政治學系主辦、兩岸統合學會協辦的“波茨坦公告紀念研討會-琉球地位與東海和平圓桌論壇”26日上午登場,台灣中央研究院近代史研究所副研究員林泉忠談到琉球的國族認同與琉獨問題,說明目前琉球人受訪者兩成支持獨立、六成反對。由此可知,族群認同與民族/國家認同的兩面性、認同的可變性、國家力量介入的可操作性,以及從“中心--邊陲”關係視角,“邊陲”是否為宿命等問題,都值得反思。

  台灣近40年來第一次就琉球地位進行公開探討的“波茨坦公告紀念研討會-琉球地位與東海和平圓桌論壇”,26日上午在台灣大學社會科學院第一會議室舉行。在討論第二子題“琉球的國族認同與琉獨問題”時,由中央研究院近代史研究所副研究員林泉忠擔任引言人,分析“琉球/沖繩民眾國族認同的過去與現在”。

  林泉忠首先提出三點問題意識:一、134年以來,琉球人身份認同經歷了什麼樣的變遷?二、琉球人認同問題的特徵是什麼?三、琉球的個案對理解什麼是認同,理解認同變遷的原因會帶來什麼啟示?

  林泉忠說,“Uchinanchu”(ウチナーンチュ)認同從近代開始,是併吞促成琉球一體化的結果。而琉球民眾的“日本人”意識也從近代開始,併吞前並不存在,是併吞後日本化教育的结果。

  林泉忠提到,琉球人民的琉球與日本兩種民族主義的出現,身分認同從 “琉球處分”到“日本人”身份認同的建構時期。而美國統治期間,琉球也歷經戰後初期離日思潮與獨立論、“復歸日本”運動、以及“反復歸”動向。目前琉球人受訪者兩成支持獨立、六成反對。
關於琉球最近動態,林泉忠指出,70年到80年代,因為日本本土一體化的進展與美軍基地的長期化,使琉球身分走向雙重認同(“日本人”與“沖繩人”)。但90年代至今,因大田縣政府的誕生與1995年美軍強暴沖繩少女事件影響,“沖繩自立論”趨向主流化。

  林泉忠觀察,琉球社會動向包括:官民一致的沖繩自立運動、沖繩自治研究會、琉球獨立黨復活、琉球民族獨立綜合研究學會的出現等,都是指標。而左右琉球民眾認同有三大變數,分別是美軍基地問題、經濟自立問題,以及歷史認識問題。

  林泉忠分析,從“何謂沖繩人”命題來看,可以看出以“日本人”(Yamatonchu)為區隔對象的“沖繩人”(Uchinanchu);與“日本人”意識相競爭的“沖繩人”意識。其中隱含的是族群認同與民族/國家認同的兩面性。

  林泉忠認為,從琉球/沖繩的個案啟示,顯示認同的可變性、國家力量介入的可操作性,與“中心--邊陲”關係的視角,“邊陲”是否為宿命?值得反思。
スポンサーサイト

<< 『琉球独立への道―植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』の第二刷りが自宅に届きました | ホーム | 張啟雄:日本侵併琉球 中國最痛 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP