FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアム、パラオのフィールドワーク

昨晩は、学生さんたちとトゥモン湾の砂浜で座りながらサンドイッチを食べて夕食を済ませました。午後7時過ぎでしたが、子供たちが元気に泳いでいました。グアムに住んでいた頃、夕方よく海岸を散歩していたことを思い出しました。

その後、ホテルのロビーで一日のインタビュー、やグアム大学学生との交流についてフォローアップの話し合いをしました。今日は、午前中、グアムのビーチで清掃活動を皆で行います。2年前にきた時にも学生たちと海岸清掃のボランティアをさせて頂きましたが、観光と環境とのバランスを考える良い機会だと思います。

その後、バスで島を回り、スペイン統治時代、日本統治時代、米国統治の過去と現在を肌で感じたいと思います。そして午後10時の飛行機でパラオに行きます。次の日は朝から、ジェリフィッシュレイク、ロックアイランドなど、世界自然遺産にも登録されている島や海で泳ぎ、美しいパラオの環境を体全体で感じてみたいです。

ジェリフィッシュレイクの入場料は100米ドルです。日本円では約一万円という破格の値段ですが、貴重な自然をパラオ人は守ろうとしています。ロックアイランドの島や海には多くの規制、制限があり、人間によって破壊させない仕組みが構築されています。「観光の島」琉球も、パラオから学ぶべきことがたくさんあるように思います。
スポンサーサイト

<< グアムでのビーチクリーニング | ホーム | グアムでのフィールドワーク >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP