FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

先程、パラオから戻りました。

先程、パラオから戻りました。11日は朝から夕方までロックアイランドで魚と泳ぎ、カヤックで島々や自然と一体になり、ジェリフィッシュレイクで無毒のクラゲと戯れました。昨年、世界自然遺産に登録され、ジェリフィッシュレイクやロックアイランドの入場料を一人当たり1万円、または5千円に値上げし、環境税を含む出国税も50ドルとなりましたが、美しい自然を守ると言うパラオの強い意志を感じました。

12日は、学生とともに、エドさん、マイクさんも、私の昔の職場である日本大使館に行き、大使館の皆様から近年のパラオ状況などについて学生が聴きました。午後はパラオ観光局に行き、ハイエンドの観光業を進めている観光政策を中心に英語でインタビューを行いました。

13日はパラオコミュニティカレッジに行き、日本語の授業においてパラオ側の学生に対して、龍谷大学の学生が日本語のあいさつ、発音の練習、自己紹介などを実施しました。そしてコミュニティカレッジの学生会代表者のパラオ人、ヤップ人の学生と意見交換をさせていただきました。

将来は医者、高校の教員、自営業、技術者などを目指している学生の真剣な眼差しや意見に感動しました。午後はレメンゲサウ大統領に対して、学生やエドさんが英語で質問をし、大統領も誠実に答えて下さいました。一国の代表としての信念のこもった発言から多くの示唆を受けました。

次に、パラオ議会上院議員のスランゲル議員に対してインタビューを行いました。将来の大統領候補の一人と目されているだけに、パラオの政治経済に対する具体的で、説得力のあるお話を伺いました。
スポンサーサイト

<< 『沖縄の自立と日本ー「復帰」40年の問いかけ』 | ホーム | グアムでのビーチクリーニング >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP