FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

先住民族の権利に関する国際連合宣言(1)

昨年、国連総会において採択された「先住民族の権利に関する国際連合宣言」を掲載いたします。
翻訳は、市民外交センターの活動やグアム・チャモロ人の研究でお世話になっている、手島武雅さんのものです。



全ての民族が、異なり、また自らを異なると考え、そして異なるとして尊重される権利を承認する一方、先住民族が他の全ての民族に対して尊厳と権利とにおいて平等であることを確認し、

 全ての民族が、人類の共通遺産を成す文明と文化の多様性と豊かさに貢献することもまた確認し、

 出身国、人種的、宗教的、民族的または文化的な差異を根拠とする民族または個人の優越を基盤としたり、主唱する全ての教義、政策、慣行は、人種差別主義であり、科学的に誤りであり、法的に無効であり、道義的に非難すべきであり、社会的に不正であることをさらに確認し、

 先住民族は、彼(女)らの権利の行使において、いかなる種類の差別からも自由であるべきことをまた再確認し、

 先住民族は、これまで彼(女)らの人権と基本的自由を剥奪されてきており、その結果、とりわけ、彼(女)らの植民地化と彼(女)らの土地、領土および資源の奪取が起こり、かくしてそれが、特に、彼(女)ら自身の必要と利益に一致した発展に対する彼(女)らの権 利を彼(女)らが行使することを妨げてきたことを懸念し、

先住民族の政治的、経済的および社会的構造に、そして彼らの文化、精神的伝統、歴史および哲学に由来する彼らの生得の権利と特徴、特に、被らの土地、領土および資源に対する彼らの権利を尊重しかつ伸展させる緊急の必要性を認識し、

 先住民族が、政治的、経済的、社会的および文化的高揚のために、そしてあらゆる形態の差別と抑圧に、それが起こる至る所で、終止符を打つために自らを組織しつつあるという事実を歓迎し、

 先住民族と彼(女)らの土地、領土および資源に影響を及ぼす開発に関する先住民族による統制は、彼(女)らが、彼(女)らの制度、文化および伝統を維持しかつ強化すること、そして彼(女)らの願望と必要に一致した発展を推進することを可能にすると確信し、

 先住民族の知識、文化および伝統的慣行の尊重は、持続可能で公正な発展と環境の適切な管理に寄与することもまた認識し、
スポンサーサイト



<< 先住民族の権利に関する国際連合宣言(2) | ホーム | 1996年第14回国連先住民族作業部会ポジション・ペーパー(4) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP