FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

先住民族の権利に関する国際連合宣言(6)

第5部
第19条 先住民族は、彼(女)ら先住民族固有の決定作成制度を維持しかつ発展させる権利のみならず、

彼(女)らの権利、生活および運命に影響を及ぼし得る事柄における決定作成の全てのレベルで彼(女)ら自身の手続きに従って彼(女)ら自身によって選ばれた代表を通じて、彼(女)らがそう選択すれば、完全に参加する権利を有する。

第20条 先住民族は、彼(女)らに影響を及ぼし得る立法的または行政的措置の考案に、彼(女)らによって決定された手続きを通じて、彼(女)らがそう選択すれば、完全に参加する権利を有する。
 
国家は、そのような措置を採択し実行する前に当該民族の自由でかつ情報に基づく合意を得ることとする。

第21条 先住民族は、彼(女)らの政治的、経済的および社会的体制を維持しかつ発展させ、生存と発展の彼(女)ら独自の手段の享受において安全であ り、そして彼(女)らの全ての伝統的その他の経済活動に自由に従事する権利を有する。

生存と発展の彼(女)らの手段を剥奪されてきた先住民族は、公正かつ公平な補償を得る権利を有する。

第22条 先住民族は、雇用、職業訓練および再訓練、住宅、衛生、健康、そして社会保障の領域を含めて、彼(女)らの経済的および社会的条件の早急で効果的かつ継続的改善のための特別措置に対する権利を有する。

 先住民の高齢者、女性、若者、子ども、そして障害者の権利と特別なニーズに特別な注意が払われることとする。

第23条 先住民族は、発展に対する彼(女)らの権利を行使するための優先事項および戦略を決定しかつ展開する権利を有する。

特に、先住民族は、彼(女)らに影響を及ぼしている全ての健康、住宅、その他の経済的および社会的施策を決定しかつ展開し、できる限り、そのような施策を彼(女)ら自身の制度を通じて執行する権利を有する。

第24条 先住民族は、生命維持に必要な薬用の動植物および鉱物の保護に対する権利を含めて、彼(女)らの伝統医薬と保健の実践に対する権利を有する。

 彼(女)らはまた、全ての医療制度、保健サービスおよび治療を何の差別もなく利用する権利を有する。
スポンサーサイト



<< 先住民族の権利に関する国際連合宣言(7) | ホーム | 先住民族の権利に関する国際連合宣言(5) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP