FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオの国家としての威厳

レメンゲソウ大統領は、最初、パラオ議会議員でありましたが、ナカムラ大統領の後、大統領に就任し、今回は2期目になります。1994年に米国の信託統治領から独立するさい、当初、ミクロネシア連邦の一部としての独立を米国は望んでいましたが、パラオの人びとはそれを拒否し、単独での独立を望み、実現させました。

その後、パラオ憲法の非核条項を巡り米国からの妨害がありましたが、それに屈することなく国際的な支援を得ながら独立しました。

エドさんからの質問はパラオが独立して何を手に入れたかという、グアム政府脱植民地化委員会事務局長としての本質的な質問をされました。パラオという島嶼国家の本質、パラオの存在理由を深く深く考えたお答えでして、私も大変感動しました。国家元首としての威厳のある言葉だと思いました。
スポンサーサイト

<< パラオと琉球 | ホーム | パラオの国としての存在 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP