FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

高島市でのオスプレイ訓練について

私は滋賀県の大津市の北部に住んでいます。来月、オスプレイ訓練が実施される予定の高島市とは非常に近いです。高島市にある自衛隊基地にも見学で門の近くまでいったがあります。以前は、実弾訓練をしており、市内の食堂でご飯を食べていたら、地響きが体に伝わりました。

滋賀や高知でのオスプレイ訓練によって、日本国民は琉球人の基地被害を少しでも感じ、米軍基地問題を自分の問題として考える契機になればと思います。オスプレイの訓練だけでなく、オスプレイの配備基地の受け入れも行うべきです。

最近、自宅の上空をやたら自衛隊のヘリが飛ぶと思っていたら、オスプレイ訓練のためだったのですね。日本政府は住民に説明をすることなく、上から基地や訓練を押し付けます。そのやり方は琉球でも同じです。
スポンサーサイト

<< 琉球の植民地主義 | ホーム | 若い琉球人の琉球に対するそれぞれの思い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP