FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

誰の為の、誰による琉球開発なのか

今日は、開発によって自分が馴染んだ街がどのように変わったのか、変わるのか、変化によって何がもたらされたのかを考える為に那覇市内を歩きました。まず自宅から那覇市立図書館に行き、開発や行政関係の資料をみて、沖縄大学、真和志小学校、長田、寄宮、那覇市民会館等の周辺を歩きました。

小学から高校までの記憶をたどりながら、地域に変貌を体で感じました。その後、農連市場、公設市場付近を歩き、ジュンク堂をすぎて、元少年会館跡を通り、福州園、新しくなった孔子廟に行きました。開南市場の中に新しく古本屋ができており、中を見ましたが割と多くの古本がありました。

バスターミナルを横切り、奥武山公園の山の上にある、地租改正記念の石碑を見に行きました。以前は旧二中の慰霊碑がありましたが、今はなく、琉球の近代化、植民地化を記す石碑がありました。かつてはその隣に奈良原元知事の銅像もあったそうです。

土地整理によって土地の私的所有制度が始まり、現在の琉球の開発に至りました。暑い中、汗をかきながら、琉球の首都那覇の近代化、開発の一部を見て、誰の為の、誰による開発なのかを感じ、考えた一日でした。
スポンサーサイト

<< 金城とおもろまちとの違い:権力と人間 | ホーム | 琉球の植民地主義 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP