FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

もはや琉球独立論しか選択肢はないのか

以下のような講演を来月1日、行いますので、ご関心がありましたらお越し下さい。
アジア記者クラブ9月定例会 「もはや琉球独立論しか選択肢はないのか」

2013年10月1日(火)18時45分~21時 明治大学リバティタワー10階(1103教室)ゲスト 松島泰勝さん(龍谷大学教授) 

「琉球民族独立総合研究学会」が設立されてから4か月が経過した。沖縄の声は日本政府によって無視され続けてきた。為政者による「沖縄の負担軽減」は掛け声に過ぎず、オスプレイの強行配備に至っては、沖縄県民が疲弊して沈黙するのを待っているかの観すらある。

そうした中で、「琉球の独立が可能か否かを逡巡(しゅんじゅん)するのではなく、琉球の独立を前提として、琉球の独立に関する総合的な研究を行う」(会則から)ことを目的に冒頭の学会が設立された意味は小さくない。これまで「居酒屋談義」と批判を浴びてきた琉球独立論が現状を打破するとば口になるのか、注目されているからだ。

設立趣意書には、「琉球は日本から独立し、全ての軍事基地を撤去し、新しい琉球が世界中の国々や地域、民族と友好関係を築き、琉球民族が長年望んでいた平和と希望の島を自らの手でつくりあげる必要がある」と記載されている。

かって沖縄は、琉球王国として独立国であった。学会は、「琉球の地位や将来を決めることができるのは琉球民族のみ」との方針を取るという。ヤマトは琉球独立論とどう向き合うのか。

9月定例会は、10月1日に開催し、石垣島出身で龍谷大学で教鞭をとる松島泰勝さんをゲストにお招きします。松島さんは昨年、『琉球独立への道』を上梓し、ミクロネシアなど島嶼国家の独立と経済的自立について研究を深めてきた論客でもあります。

当日は、琉球(沖縄)を取り巻く状況の中で、独立論が有効なのか、松島さんとの間で掘り下げた議論を交わしたいと考えています。参加される方は、同書を一読の上、参集願います。

■会 場 明治大学リバティタワー10階1103教室(東京都千代田区神田駿河台1-1)
■交 通 JR・地下鉄「御茶ノ水」・都営線「神保町」下車
■費 用 ビジター1500円、会員・学生・年金生活者・ハンディのある方1000円

■主 催 明治大学軍縮平和研究所・アジア記者クラブ(APC)
■連絡先 アジア記者クラブ(APC)

〒101-0061東京都千代田区三崎町2-2-13-502
Tel&Fax:03-6423-2452 

http://apc.cup.com/
E-mail:apc@cup.com
スポンサーサイト

<< Decolonizing Future Intellectual Legacies and Activist Practice | ホーム | 青珊瑚の中で魚が平和に生活をする >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP