FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

太平洋諸島における地域研究の形成と琉球研究

午後は、Gotta Liberate My People Like Haunani-Kay Trask: Critical Pedagogies of Race, Ethnicity and Indigeneity from Hawai‘iというテーマのセッションに「琉球チーム」で参加し、

‘Feeding Our Own Resistance: Primitive Accumulation and the Filipino Fishing Village on Lāna‘i’

’Teaching Kuleana and Aloha ‘Āina: Land-based pedagogies and the Unmaking of Settler Colonial Relations’

’From “Dispossessions of Empire” to Dispossessing Empire: Kanaka ‘Ōiwi Identity Formation in Culturally-Based Higher Education’’Inside the Ethnic Studies Studio: Towards a Critical Hip Hop Pedagogy’

というテーマの報告をハワイ大学マノア校の研究者を中心の報告が行われ、会場におれらたマオリ人の研究者が議論に参加し、大変、刺激的なセッションとなりました。

ハワイ研究、太平洋研究、ミクロネシア研究、チャモロ研究、マオリ研究、ポロネシア研究等、様々な地域研究が太平洋諸島にあり、植民者の研究者と議論しながら被植民者が自らの島の研究を形成してきた過程を考えることができました。太平洋諸島における地域研究と連係しながら「琉球研究」を進める必要がると思いました。
スポンサーサイト

<< 世界のウチナーンチュが琉球独立学会への加入を希望 | ホーム | アートと脱植民地主義研究 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP