FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国島と台湾との交流

八重山毎日新聞の6月4日の記事に与那国島と台湾との交流について記事が掲載されていすので、ご紹介します。与那国島は私が幼少期に生活したこのある島です。小さい時、与那国島から台湾を見た記憶があります。大きな島だと思いました。島と島との「ゆいまーる」が一歩、一歩実現しているようです。



7月4日と7日、与那国町の姉妹都市、台湾花蓮市と与那国を結ぶ直行チャーター便が運航されることが決まった。

花蓮から台湾側の観光客が与那国入りしたあと、同じ機材で、与那国側の観光客が花蓮入りすることになっており、与那国発着としては初めての双方向の国際チャーター便となる。

両町市は2007年10月、姉妹都市25周年を記念して交流の拡大をうたった「自立自治共栄圏」の宣言に署名しており、今回の直行チャーター便運航は、同宣言を具体化するものとなる。

町では「与那国と花蓮の交流が強化され、東アジア地域の平和と共生に寄与することになると思う」としている。

与那国町に関連した国際チャーター便の運航ではこれまで、空海いずれも町が補助金を支出してきたが、今回は補助金は計上しない。

町では「自立のために、補助金は支出しないことにした」と説明している。

 町内では同月4―6の3日間、久部良漁港を拠点に第19回国際与那国島カジキ釣り大会(町主催)が開かれる。今回のチャーター便は同大会に合わせて運航の準備が進められてきた。

 与那国発着の国際チャーター便は07年10月に台北行きが初めて運航されており、このときは台湾側からは誘客していなかった。

 今回のチャーター便は復興航空のATR72で実施。与那国と花蓮の双方から約70人を募集する。花蓮から与那国入りする台湾側の観光客は、民宿5―6カ所に分宿し、島内観光などを行う。カジキ釣り大会の磯釣りに参加する観光客もいそうだという。

 与那国側の観光客は4日に花蓮入りしたあと、花蓮市役所主催の歓迎会に参加。5日と6日は自由行動で、7日に花蓮から帰国する。町議会は議員6人全員が参加する見通し。

 与那国発花蓮向けのチャーター便の利用に関する問い合わせは町国境交流促進プロジェクト班(87-2241)。

スポンサーサイト



<< 奄振の延長が満場一致で決議された | ホーム | 竹富島の喜宝院の生活用具842点が国の有形民俗文化財に登録 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP