FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私の報告

私は次のような項目の内容の報告をしました。会場からは、なぜ「沖縄ではなく琉球なのか」という質問や、世界の独立した国々と琉球独立との比較についての意見やコメント等をもらい、答えさせて下さいました。最初の質問をされた、カルフォルニアに住む琉球人研究者は後で、独立学会に入会したい、アメリカ在住の妹や親戚にも学会への加入を進めたいという話して下さいました。次の質問をされた方はプエルトリコ人であり、いまはアメリカの大学で教鞭をとっているが、「自分はプエルトリコが独立したらすぐ島に戻りたい」と話して下さいました。
1.Does LewChew(Ryukyu,Okinawa )belong to Japan?
2.Economic Colonization in LewChew
3.The Administrative Control by Japanese Government
4.US forces as Settler in LewChew
5.The Colonial Knowlege by Japanese about LewChew
6.The Way for Decolonization of LewChew
:Independence from Japan
スポンサーサイト

<< ブルースを聴きました | ホーム | 名前を取り戻そう! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP