FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

植民地主義を拡大させる日本の開発政治

昨日は、西宮の甲南大学での国際開発学会の研究会で報告、議論してきました。中野先生からはいかに、原子力を巡り、企業、政府、政治家、学者、マスコミがカネにまみれ、腐敗し、「原発は安全、安い」という神話をつくり、私利を蓄えてきたのかについて具体的に学びました。アジア、アフリカ、南北問題の開発問題を研究している研究者を中心とした研究会ですが、自分の専門を越えて原発・震災に係る研究、社会活動を勇気をもってされている方々でした。

参加者のお一人である阪本さんとは、早稲田大学大学院の時代からともに学んだ仲間であり、開発や原発の問題を深くえぐり、実践活動をされ、学会においても部会を立ち上げるなど、積極的に活動をされています。原発の誘致に対して様々なカネをばらまいて、「周辺」に犠牲を強いる体制を日本政府は形成してきましたが、3.11後も基本的にその体制は変わっていません。

誰のための誰のためのカネ、開発なのかが問われています。琉球でも開発、カネによって日本政府は基地を押し付ける政策を続けています。しかし琉球人のなかには、カネよりも大切なもの、生命、平和な生活、人権があると考え、基地や振興開発を拒否する人が増えてきています。

今年11月に開催される国際開発学会全国大会では、日本における開発の意味を問い直し、日本政府の開発政治が植民地主義を日本国内外で再生産させるものでしかないことについて議論するセッションが予定されており、議論するのが楽しみです。
スポンサーサイト

<< 今日、東京に行きます。 | ホーム | 新たな植民地主義としての琉球の振興開発体制 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP