FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立論が日本人に突きつけているもの

昨晩は、明治大学において琉球独立論についてお話をさせていただきました。最初に琉球が植民地であることを政治経済的に明らかにし、振興開発体制が琉球の植民地主義を強化するものであることを示しました。

よって日本からどんなに資金が与えられても琉球は基地を押し付けられた植民地として固定化されるものでしかなく、日本の中では奴隷として生きざる終えず、独立しか脱植民地化の方法がないことを具体的に、世界の事例を挙げながら説明しました。

また私の個人的な、身体的な植民地化の記憶についても語りました。会場には多くの方々がお越し下さり、熱心に話を聞き、質問や意見を投げかけて下さいました。ロサンジェルスで県人会活動をされている琉球人の方が私のFacebookを見て、たまたま東京に旅行中であったので、会場に来て下さり、アメリカでの琉球人の活動について講演後話して下さいました。

また新報の米倉さん、TBSの金平さんの他、法政大学研究所研究員、通信社、出版社、雑誌社、ライターの方とも話をさせていただきました。

懇親会でも熱く語りましたが、アジア記者クラブの森広さんは、日本のマスコミが硬直化、右傾化していくなかでジャーナリストの使命感をもってこのような勉強会を毎月開催し、議論を巻き起こしており、敬意を表したいと思います。

明治大学の福田先生もカイザさんについて期待を込めてはなされました。琉球独立を論じ、実践していく主体は琉球人ですが、琉球独立論がなぜいま議論され、実践されているのかを、植民者としての日本人はどう受け止め、どう考えるのかが突きつけられています。

<< 世界の琉球人から勇気をもらいました | ホーム | 今日、東京に行きます。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP