FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

世界の琉球人と琉球の脱軍事基地化

岩波書店から今年でた『沖縄の自立と日本』という本を再読していましたら、国吉さんに関する次のような文章を発見しました。大田昌秀さんの発言です。

「県では、何年か前に米本国で基地が返された跡地の環境調査をしたことがあります。すると滑走路の跡地は例外なく確実に汚染されていることが判明しました。たまたま琉球大学の卒業生で、アメリカの大学で博士号を取得して連邦政府に入って、偶然にも環境保護庁に勤める国吉信義さんという方がいて、調査に同行してくれました。彼も滑走路があった所は間違いなく汚染されていると言明していました。

ですから、仮に普天間基地が明日返されたとしても、これまでずいぶん長い間滑走路として使っていただけに、果たしていつから実際に使えるようになるのか、危惧されてなりません」世界の琉球人が琉球の脱植民地化、脱軍事基地化のために貢献されています。みーふぁいゆー。
スポンサーサイト

<< 『愛と執着の社会学』 | ホーム | 与論島で第14回目のゆいまーるの集いを開きます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP