FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本の自立と沖縄の独立

日本平和学会2013年度秋季研究集会(11月9[土]~10日[日]が、明治学院大学白金キャンパス)で行われます。11月10日[日] 09:30-12:00のスケジュールで、部会「日本の自立と沖縄の独立」においては琉球の独立について報告し、議論したいと思います。ご関心がありましたら、是非お越し下さい。

報告 川内博史(前衆議院議員)「鳩山民主党政権と普天間基地“移設”問題」、

前泊博酒(沖縄国際大学)「日米地位協定にみる日米関係-終わらない“占領”」、

松島泰勝(龍谷大学)「琉球の独立と平和」、

討論 石川捷治(久留米大学)、高野孟(インサイダー編集長)、司会 木村朗(鹿児島大学)
スポンサーサイト

<< 歴史は天の配剤 | ホーム | 『愛と執着の社会学』 >>


コメント

琉球王朝では源氏やら平氏の子孫だってことをアピールして正統性をうたっていた

琉球王朝は一方的被害者でなく、王朝が成立する過程で他の勢力を討ち滅ぼしてきた歴は無視するの?

もう琉球王朝は過去のお話

同じメンバーで同じ事をやろうぜ!と叫んでいるつもりではありません。
それならば、単なる同好会に過ぎません。
古典に根差しながら、正しき自尊心に乗っ取って、新しい価値基準も受け入れながら、個性を尊重した新たなる共同体を創造して行こうというお話。

世界には、引き込もりなる曖昧さは存在しない。

前向きならば、同じ悩み、同じ試練を抱えた仲間はいくらでも、溢れているハズ。

本音で、心を開いていくべきなのです。

必ずしも、ただお隣りさんだったという理由で持って、ひとくくりにされてしまっては、貴方だってタマラナイと思うでしょう!


与那覇 龍郎

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP