FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

富山で島の平和を考える

昨日は、富山大学の全学共通の平和学の授業で講義をしてきました。今年で3回目になります。150人の学生は真剣に話を聞き、講義の終わりの方では質問や意見を述べてくれました。

リアクションペーパーを何枚か読みましたが、学生も琉球の植民地主義、脱植民地化運動、独立について初めて知ったことが多く、びっくりした、これからもっと知って、琉球にも行ってみて、現実の琉球を見てみたい等の感想もありました。平和をどのように市民が作っていくのか、琉球のことを自分のこととして受け止め、考えるのかについて議論をしました。

佐藤先生が沖縄タイムスが9月18日に出した、しまくとぅばの社説をコピーして学生たちに配布して下さいました。琉球諸語が日本語とは異なる言語であり、ハワイ、グアム、タヒチ等とおなじように、琉球でも言語復興運動が行われるようになった背景についても話をしました。

交流会では、佐藤先生が最近行かれたニューカレドニアでの脱植民地化運動の現状、安倍首相の「接触的平和」という言葉が日本平和学会にとって持つ意味、平和とは反対の方向に進む日本社会の抑圧的閉塞状況等について話し合いました。また、佐藤先生が80年代の終わり頃に、グアムのエンジェル・サントスさんの家に招かれて、グアムの植民地主義について話を聞いたことについて伺い、その頃のエンジェルさんの言動を知ることができて、よかったです。

来年2月に琉球で行う予定の、韓国の研究者、運動家と琉球独立について議論するシンポの打ち合わせも行いました。佐藤先生は、来年3月に富山大学を退職されますが、私が島嶼における平和学を考える上においてこれまで多くの機会と示唆をいただきました。みーふぁいゆー。

<< 与論島における、ゆいまーる琉球の自治の集いの開催 | ホーム | 富山大学で講義をします >>


コメント

どんどん何でもとことん議論して琉球はもとより、大和も活性化していける関係を構築して下さい

偽の友情は、早々とこの世から無くさなければなりません!

偽善は誠の心、本音に取って代わる時代が来なければならない。

松島さんのご活躍とご健勝を祈っております。

より多くの討論の機会が実現していく事も願います。

独立とは、より新たなる関係と出会いの所産に過ぎません。


与那覇 龍郎

反琉球独立の世論誘導をする人々

おはようございます、松島泰勝先生。

私のブログで反琉球独立の世論誘導を行う人を認定しました。

沖縄のわけわからん 変な人

ヘリオス40の沖縄裏情報

http://ameblo.jp/helios40-okinawa/entry-11649750067.html


創価学会と仲良し!

エセ琉球独立論

★体制側から琉球独立運動を『無害化』か?


元外務省のラスプーチンこと

佐藤 優氏


琉球歴史のバラエティー化に貢献

「テンペスト」の池上永一氏




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP