FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与論島でのゆいまーるの集い

昨日は、与論島中央公民館において朝10時から夕方4時半まで、ゆいまーるの集いをしました。会場には約50人の島の方々が来て下さいました。

最初に前利さんが、与論島や沖永良部島から口之津や三池の炭坑、そして神戸の造船所等で働いた人びとの歴史や、社会的背景について一次資料に基づいてご報告下さいました。島の人びとが何故、炭坑で働くようになったのか、台風と出稼ぎとの関係、賃金差別、西表島炭坑との比較等、非常に興味深いご報告でした。

午後の喜山さんは、与論島という島の名前の由来、オーストロネシア語族との関係、島の歴史や言葉、社会のあり方等、島の根源的なお話を伺いました。また体の感覚として南琉球の島々との近さを感じているとのご指摘に感動しました。

琉球独立に対して「逡巡」する島の人の心の重みや歴史的背景について改めて考え、謙虚に受け止めました。喜山さんは『奄美自立論』の著者ですが、島に対する思いの深さを感じました。最後に竹内さんが、3000年前から現在ましての与論島の歴史を詳しくご報告して下さいました。竹内さんが書かれた『辺戸岬から見える与論島』というご本を頂戴しました。

島の歴史を知る上でとても参考になるご本だと思います。会場にこられた参加者からもいろいろな観点から質問やご意見が出され、活発な意見交換が行われました。今年は奄美諸島復帰60年です。与論島において、日本と琉球との関係、北琉球と南琉球の境にある与論島の位置が持つ歴史的、社会的な意味について考えました。

朝、宿舎の前を歩き、台風によって破壊され、休業状態に追い込まれたホテルを見ました。昨日も参加者の方から台風被害の状況を伺いましたが、参加者全員が何らかの形で被害を受けており、心よりお見舞いを申し上げました。

同じ琉球文化圏の島であるにもかかわらず、与論島の台風被害について南琉球の新聞の報道が小さいとの父親の指摘もありました。琉球の同じ仲間であるとの思いを強めた、ゆいまーるの集いでした。
スポンサーサイト

<< 与論献奉と琉球独立 | ホーム | 与論島の文化を守る人の話を伺い感動しました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP