FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第14回ゆいまーる琉球の自治 1

IMGP4906.jpg
11月1日、朝6時半に那覇港に両親といき、皆とで石坂さんとお会いして出発しました。石坂さんとは、私が早稲田大学大学院在学中から、私の報告に来て下さって以来、交流をさせていただいており、毎回、ゆいまーるの集いに参加されています。沖縄協会で長い間働いておられました。


IMGP4922.jpg
与論島に到着しました。与論島には、大学生時代、東京の晴見からよく船で琉球に帰国した時、船の上から島を見たことがありますが、長く島の上で滞在するのは初めてです。ギリシャのミコノス島と姉妹関係にあり、白いウキボリ、構築物が島中にあります。


IMGP4924.jpg
ホテルに到着して、喜山さんと近くのパスタ屋さんで、参加者の数名と昼食をとりました。鍋焼きバスタで美味しかったです。北海道から与論島に移住されたご夫妻で営んでおられました。その後、竹さんに島を案内してもらいました。あいにく小雨でしたが、島の歴史、文化の要所に行き、お話を伺うことができました。ここは島の創世神話の場所です。南琉球ではバンタといいますが、与論ではパンタとなり、沖縄島の国頭語の言語圏であることが分かります。島の方々も耳慣れた琉球の言葉を話しており、とても、親近感を感じました。


IMGP4927.jpg
右側が新元さん、そして石坂さんです。新元さんは独立学会の時には台風の影響で沖縄島に来ることができませんでしたが、今回は、島に到着することができました。新元さんは与論島でかつて行われた新空港反対運動の時にも島にきて、反対運動を支援されたそうです。

IMGP4928.jpg
シニグク、アマミクという琉球の創成神が島を作った場所に立ちました。とても島らしい神話で嬉しかったです。島が作られたときの情景を想像しながら、竹さんのお話を伺いました。
スポンサーサイト

<< 日本平和学会「日本の自立と沖縄の独立」 | ホーム | 与論献奉と琉球独立 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP