FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第14回ゆいまーる琉球の自治 2

IMGP4929.jpg与論島でもシヌグが行われ、祭りの中でも重要な位置を占めています。沖縄島、伊平屋島、伊江島等が与論島から眼で見える距離にあり、本当に近いなと感じました。当然、人の行き来が活発に行われていたのです。


IMGP4930.jpg左が喜山さん、右が竹さんです。喜山さんは『奄美自立論』を書かれ、与論島クオリアという大変勉強になるブログを書かれている方です。竹さんからは島の歴史や文化を実際の場所に行って学ぶ事が出来ました。歴史ガイドをされておりますので、皆さんも与論島にいかれる際には竹さんに案内してもらったらいかがでしょうか。


IMGP4931.jpg琉球石灰岩でできた丘であり、北を向くと、沖永良部島が見えます。南琉球と同じ岩によってつくられた島であること分かります。南琉球やグアムでも石灰岩の風景をみることができます。


IMGP4933.jpg
すこし強い風が吹き、雨が降る中でしたが、近世において烽火をたいて、異国船を通報した丘に登りました。波照間島、黒島等でもおなじような烽火をたいた岩山に上った事があります。琉球列島が互いに連なり合った島々であることが実感できます。


IMGP4939.jpg大兼久海岸です。かつて、この場所に港を作る計画がありましたが、喜山さんの伯父さんである、喜山康三さんが、体に鎖を巻いて、その建設を阻止した場所です。後日、康三に連れて行ってもらった百合が浜が消えないために、体をはって島を守ったのです。かつて、その話を奄美大島の森本さんから伺い、携帯でご本人と話をしたことがあります。鎖で体を縛った情景を想像しながら、佇みました。
スポンサーサイト

<< 第14回ゆいまーる琉球の自治 2 | ホーム | 流着の思想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP