FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球弧の精神世界』の紹介

安里英子さんの『琉球弧の精神世界』を紹介したいと思います。

安里さんは琉球の御嶽(ウタキ、オン)、それを取り巻く島社会の在り方を五感で触れ、目に見えない世界と島社会との関係について考えてこられた方でもあります。

女性祭祀、生命としての島嶼、そして自治がひとつにつながっていることが本書によってわかります。また琉球がアイヌ、アジア太平洋と結ぶ開かれた世界であることが明らかになります。

  
御茶の水書房より1999年に出版。

第1章 自己に向かう旅(琉球弧の深層世界と「生命の環」;自己存在への認識と生命のリレー―琉球弧の祖霊信仰と魂の再生について;奥武(オールー)島幻想 ほか)

第2章 自立するシマ―共同体の可能性(女性祭祀の息づく島―村落自治と相互扶助;シマ共同体からの出発―住民自治エネルギーを追って;宮古島、闇と光と ほか)

第3章 環境・平和・自立(「島が生命」へ―海枯れ・山枯れの危機;「沖縄振興開発計画」と住民によるオルターナティブな視点―開発・環境・自立;39年目の島ぐるみ闘争―軍用地土地強制収用の経緯と土地を奪われた人々 ほか)

第4章 世界へ(うるまのクニからアイヌ・モシリへ;台湾の独立運動;アジア・太平洋の共生―北京国際シンポジウムに参加して ほか)
スポンサーサイト



<< 『沖縄島嶼経済史:一二世紀から現在まで』の紹介 | ホーム | 『沖縄・共同体の夢―自治のルーツを訪ねて』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP