FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

島嶼経済の問題

6月1日の南海日日新聞に、コスト高になる傾向のある島嶼経済についての記事が掲載されていましたので、ご紹介します。大きな市場からはなれるほど、輸送コストがかかります。与那国島が台湾との交易活動を進めている一つの背景に島の物価高があります。

私が現在住んでいる滋賀県でも、ガソリンが180円程度になっておりますが、現在の奄美諸島は記事の時よりもさらに高騰しているかもしれません。




原油高に伴うガソリン価格の高騰に歯止めが掛からない。六月一日に値上げする本土に続いて、奄美のガソリンスタンドは週明けの二日、ガソリン価格を十―十二円程度引き上げる。

奄美大島でも一㍑二百円となり、喜界島は二百十円を超える見込み。奄美は「ガソリン二百円時代」に突入した。

 県石油販売業協同組合大島支部や小売各社によると、三十日現在、奄美大島のガソリン(現金販売額、税込み)は百八十六―百九十八円。二日以降は百九十八円―二百円となる見通し。軽油も同額上がって百七十三―百七十六円となる。

 喜界島は十円程度の値上げ。ガソリンが二百十一円、軽油は百八十三円になる。徳之島は上げ幅十一円程度で、百八十九―百九十七円にアップする。

 沖永良部島は十―十一円のところが多いが、「五円」とするところも。二百―二百五円の間に落ち着きそう。与論のあるスタンドは十二円の値上げを決めた。在庫がなくなり次第、現行の百九十八円を二百十円に改定する。二百二円のスタンドも値上げを検討中だ。

 奄美各地のガソリンスタンドは今回も駆け込み給油の列ができた。奄美市名瀬の女性(47)=団体職員=は「夫がマイカー通勤なので値上げは家計に響く。テニスの練習も乗り合いで行くようにしている」と話す。

 五十代男性(奄美市名瀬)は「本土は百七十円で大騒ぎしているが、奄美は二百円。こんなところにも格差がある」と不満を漏らした。ユーザーは度重なる値上げに、うんざりといった表情だ。

 スタンドも危機感を募らせる。和泊町の店員は「オイルショックの時でもこれほどは高騰しなかった。異常事態だ。買い控えだけでなく、大型車から小型車へ。バイクから自転車へと乗り換える人が増え、車離れも進んでいる」と話した。与論町ではスタンド間で価格競争も始まっている。

 奄美市名瀬の石油販売会社は「石油価格は下がる要素はなく、今後も高止まりの状況が続くだろう」とみている。

スポンサーサイト



<< 宇検村の取り組み | ホーム | 安全な空求め抗議1年 東村高江・ヘリ着陸帯 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP