FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立と日本平和学会

琉球民族独立総合研究学会のオープンシンポジウムで仲地博・副学長が紹介していましたように、日本平和学会の阿部会長が学会全国大会の開催趣旨として、琉球独立について言及しています。中段の方に書かれています。

「開催趣旨:平和学会設立40周年の節目の時を迎えている。絶えず揺動する同時代の文脈に身を置きながら、平和研究は、平和の意味を批判的に考察し、社会正義の実現に向けて平和の構想を提示することに努めてきた。

 平和への挑戦は現在の内外の状況にあってかつてないほどの深刻さを帯びている。平和学会が一貫して取り組んできた核をめぐる問題は、核兵器のますますの拡散と同時に、いっこうに収束しないフクシマの事態を通じて私たちの眼前に恬然とそそりたっている。オリンピック招致にあたり日本国首相が広言した希望的言辞をいくら重ねようとも、未曾有の原発事故がもたらす現在進行形の事態はそこに変わらずにある。

 また、米軍の軍事的利害を随伴して遂行される沖縄の植民地的主義的支配は、臨界点を越えた不正義を沖縄の人びとに強いることにより、日本国からの独立を本格的に促す議論と運動をもたらすまでになっている。こうした構造的暴力を除去する法的拠り所となるべき日本国憲法は、沖縄との関係にあって立憲主義・平和主義の理念を実現できないままに、今般、国家主義的相貌を湛えた自民党憲法改正草案によって、その誇るべき規範的形姿を破壊されようとしている。集団的自衛権の公認により、日本の軍事力が世界全域に展開されていくおそれすら生じている。

 近隣諸国との外交関係も稀にみる冷え込みを見せている。朝鮮民主主義人民共和国との関係は依然として非正常・不安定なままであり、韓国との間でも歴史認識を起点とした紛争が幾重にも顕在化している。中国とも一触即発の事態が続き、重大な事態に立ち至りかねない緊迫した状態が日々続いている。

 いまほど平和研究や平和運動にかかわる者の社会的責任が問われているときはないのではないか。私たちは、いっそう冷徹な精神をもって現実に分け入り、平和の文化に支えられた知の力と実践の力を社会に発信していかなくてはならない。40周年を迎えた本年の秋季研究集会は、祝祭の時である以上に、そのことを改めて心に刻む好個の機会でもある。(日本平和学会第20期会長 阿部浩己)
スポンサーサイト

<< 第14回ゆいまーる琉球の自治 3 | ホーム | 今日、東京に行きます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP