FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第14回ゆいまーる琉球の自治 3

IMGP4958.jpg琉球の貝をはじめとした、島の民具が展示されています。これまでの島の生活を想像できました。ソテツの実が詰まった瓶もあり、ソテツが奄美諸島の食文化において大変重要なものであることが、与論島でも分かりました。


IMGP4959.jpg大小さまざまなカメが展示された部屋です。とても大きな部屋で、これほどのカメを見たのは初めてです。特に大きな水瓶をみると、かつて水が大変貴重なものであったことがわかります。菊さんが、水の神様を配慮して、儀礼をした上で、このカメの部屋をつくったというお話も感動しました。


IMGP4961.jpg赤瓦の家です。南琉球のものと同じです。沖永良部島でも赤瓦の家をみたことがあります。与論島が琉球文化圏の家族であることを改めて感じました。台風でもびくともしない琉球の家の強さ、凛々しさがあります。


IMGP4963.jpg
喜山さんがアーマン、ヤドカリをみつけ、やさしく語りかけていました。何かのキャップを自分の家にしていました。別の場所では、アフリカマイマイの殻を自分の家にしていたアーマンもいました。ヤドカリが多い島です。また黒島と同じく、キジも多いそうです。

IMGP4966.jpg与論文化村を管理している菊さんが、静かに、また楽しく、島の歴史や文化を話して下さいました。台風で茅葺きの展示小屋が半壊しても、それにへこたれず、島の文化を守ろうとしている姿に感動しました。本当に島の文化が好きなんだなと思いました。菊さんは島の言葉の継承活動もしており、定期的に近くの小学校の子供たちに島の言葉を教えているそうです。

スポンサーサイト

<< 第14回ゆいまーる琉球の自治 4 | ホーム | 琉球独立と日本平和学会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP