FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第14回ゆいまーる琉球の自治 5

IMGP4975.jpg台風で大破した島の歴史文化を紹介する場所です。台風の被害の大きさを改めて感じました。遺跡の発掘場所に屋根をつけて、島の古代の歴史を見る事が出来ます。

IMGP4976.jpg約3000年前に人が与論島のここで生活をしていたと思うと、わくわくします。沖縄島とも共通の生活文化要素をもっていることも分かります。見える距離にあるので、海をわたって人々が行き来していたのです。今は行政的な境界線が引かれていますが、それがいかに人為的なものであることが分かります。

IMGP4978.jpg次に牛に引かせた、サトウキビの搾汁器を説明してくださいました。南琉球でも使われていたものです。指が器械に挟まれないような工夫であるとか、子供が牛につけられた棒にぶら下がって遊んだ話など、目の前に浮かぶようでした。黒糖の甘い香りがしてくるようでした。

IMGP4979.jpg与論グスクにある、土俵です。台風による被害を修繕していました。奄美諸島各地でも土俵をみたことがあります。

IMGP4983.jpgこの日は雨で、
南琉球の島々は見えませんでしたが、この絵のように、晴れた日には沖縄島、伊平屋島、伊是名島等が見えるようです。与論島の人々からこのように沖縄島が見えていたのだなと実感しました。私は与那国島に住んでいた時に、台湾を見た事がありますが、琉球弧が互いに連なり合っていることの意味は大きいと思います。島は孤立していません。
スポンサーサイト

<< 尖閣問題から見た日中台関係と東アジアの将来 | ホーム | グアムの人々の人権と私たちの当事者性 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP