FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第14回ゆいまーる琉球の自治 6

IMGP4986.jpg三山時代の北山王、ハネジの三男であるオーシャンが与論島に移り住む、世の主となり、与論グスクを増築したそうです。オーシャンという響きが、英語の海洋とも似ていて、海の王というイメージをかき立てます。

IMGP4989.jpg北山滅亡のために、与論グスクの築城は途中で終わりましたが、その全容は今帰仁グスクに似ていると喜山さんが教えてくださいました。グスク文化、シヌグ文化等、南琉球と共通する文化を体験することができました。

IMGP4990.jpg
夜は、前夜祭として交流会をしました。前利さんは非常に忙しい中、与論島でのゆいまーるの集いを準備し、また沖永良部島でのお仕事もあり、午後、ホテルで原稿を書き、夜、皆と合流しました。次の日には、午前中ご報告して、午後には沖永良部に戻りお仕事をされました。ありがとうございました。今日一日、島で学んだ事をそれぞれの視点で語り合いました。

IMGP4991.jpg
竹さんも交流会に参加してくださいました。島で生まれ育って、働いてこられた竹さんから与論島のことをいろいろと教えてもらいました。今、NPOを立ち上げて、島の歴史や文化を学び合う活動を精力的にされています。島の美味しい料理を食べながら、与論島について語り合いました。

IMGP4992.jpg
私と同じ年の喜山さんから、じっくり与論島の話を聞いたのは今回が初めてでした。以前、大阪に喜山さんがこられたとき、大阪大正区で行われた佐渡山豊さんのコンサートと、野村浩也さんの講演会にいっしょに行った事があります。その時も琉球について語り合いました。今回は生まれ島、与論島の上で喜山さんから島の歴史、文化について詳しくお話を伺う事が出来て、大変、良かったです。島に対する強い拘りをひしひしと感じる事が出来ました。『奄美自立論』をもう一度読んでみたいと思いました。
スポンサーサイト

<< 第14回ゆいまーる琉球の自治 7 | ホーム | 尖閣問題から見た日中台関係と東アジアの将来 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP