FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第14回ゆいまーる琉球の自治 7

IMGP4995.jpg島をこよなく愛する与論島の歌であり、島をこよなく愛する島人によって島の各地で、歴史を通じて歌われてきたことを思うと、胸が熱くなりました。

IMGP4996.jpg参加者全員で、会場の机や椅子を並べ、公民館の方々が準備してくださった横断幕を張り、プロジェクター等をセットして、午前10時からゆいまーるの集いが始まりました。藤原書店の藤原社長が司会をして、私が与論島の方々に対してご挨拶を申し上げ、また参加者が自己紹介をし合いました。

IMGP4997.jpg土曜日の朝の時間にもかかわらず、島の方々が来てくださいました。朝、7時前に集落の放送で、ゆいまーるの集いについて紹介してくださったことや、与論島のホームページでも紹介してくださいました。来場者は、10時から5時まで、行き交いました。朝から5時まで参加してくださった方も何人もおられました。

IMGP5001.jpg最初に前利さんが、与論島や沖永良島から口之津島、三池の炭坑で集団的に労働した人々の歴史について、一時資料に基づいて報告してくださいました。実証的な丹念な、また島人に対する深い愛情に基づいたお話でした。移住した島人の歴史から、与論島が置かれた政治経済的背景も明らかになりました。

IMGP5002.jpg会場からは、島で郵便局で働かれ、今は島の歴史の研究をされている方や、日蓮宗の僧侶、町の町議の方々などからご質問や意見が出されました。去年から今年に掛けて与論島は台風の大きな被害を受けましたが、戦前の集団移住の際にも台風による被害が移住のプッシュ要因になったようです。南琉球でも特にソテツ地獄以降、島から出て行かざる終えない人々が増えました。
スポンサーサイト

<< 第14回ゆいまーる琉球の自治 8 | ホーム | 第14回ゆいまーる琉球の自治 6 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP