FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第14回ゆいまーる琉球の自治 8

IMGP5003.jpg私の父は元、沖縄気象台の職員でした。台湾で生まれ、石垣島、西表島、与那国島、南大東島、沖縄島等で働いてきました。父が、与論島における台風の被害に心を痛め、南琉球の新聞が与論島の台風被害に対する報道の取り扱いが小さいことを批判しました。おなじ琉球文化圏の家族のことであるのにと。

IMGP5004.jpg皆でお昼休みをしていたときに、喜山康三さんが、与論島の地質学的な構造について地図をさしながら、説明してくださいました。島の地殻構造的な特徴が理解できたとともに、喜山さんは島を自らの体の一部のように考えているのだなと、改めて感動しました。

IMGP5006.jpg
確かに島を上から見ると、島の地形が島の歴史や文化とも深く結びついていると思いました。珊瑚礁の形も特徴的です。与論島をじっくり見ていると、島でであった、お世話になった方々の顔が眼に浮かびます。

IMGP5010.jpg
次に喜山荘一さんが「ゆんぬ」の冒険ー五つの謎に迫る、と題する報告をされました。与論島つまり、ゆんぬの名前の語源、歴史、文化、島の成り立ち、島の精神、「復帰」の与論島にとっての意味、琉球独立に「逡巡」することの意味等、多くの事を学びました。大変、説得的であり、刺激的な報告でした。

IMGP5012.jpg
喜山さんの報告の時、多くの島人が来てくださり、強い関心をもって話を聞いてくださいました。女性や少年の姿も多く、自らの島の事を知りたいという、島人の熱気を感じました。参加していた少年の眼が輝いていたのが、印象的でした。
スポンサーサイト

<< 第14回ゆいまーる琉球の自治 9 | ホーム | 第14回ゆいまーる琉球の自治 7 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP