FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第14回ゆいまーる琉球の自治 9

IMGP5013.jpg与論町中央公民館に大勢の方々が集まり、真剣に話を聞き、質問や意見も出されました。公民館の有馬館長をはじめ、職員さんが横断幕を作ってくださっただけでなく、マイクの調整、懇親会の準備等、大変お世話になりました。みーふぁいゆー。


IMGP5015.jpg喜山康三さんも、朝から夕方、懇親会までともに議論してくださいました。また翌日には車を出してくださり、島を案内して下さいました。また、体をはって守った、百合が浜にも行くことが、康三さんのおかげで出来ました。与論島に対する強い思い、島と自分が一体化した方からの発言は一つ一つに重みがあります。


IMGP5016.jpg新元さんも奄美大島宇検村から船で駆けつけてくださいました。宇検村から船で来られる場合、時間の関係で名瀬に一泊する必要がありますが、この集いのために万難を排して来られました。奄美大島と与論島との関係について話してくださいました。地声でも声が会場に響き渡る、すばらしい声です。


IMGP5017.jpg次に与論郷土研究会会長の竹内浩さんが、「先祖のくらしをふりかえる」と題した報告をされました。竹内さんには全員に、『辺戸岬から与論島が見える』というご著書をいただきました。ご自分で図書館に通う等して、島の歴史や文化に関するご研究をまとめたものご著書です。島の歴史を丹念に調べられた、貴重なお話でした。


IMGP5018.jpg皆で会場を片付けを終えて、公民館の一回で、交流会を開きました。与論献奉を生まれて初めて体験しました。竹内さんが、与論献奉の意味ややり方をご説明してくださり、与論島でつくられた黒糖焼酎を、杯に注ぎ、口上を述べた上で、酒を飲み干します。酒は水等で薄める事なく、そのまま飲み干します。会場の全員が参加しますので、一体感が増します。宮古島の、おとーりを思い出しました。島の酒文化を体験できて良かったです。
スポンサーサイト

<< 第14回ゆいまーる琉球の自治 10 | ホーム | 第14回ゆいまーる琉球の自治 8 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP