FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

宇検村の取り組み

6月12日の南海日日新聞に宇検村における地域おこしの取り組みが紹介されていましたので、ご紹介します。村の約90%が山に囲まれている、宇検村での自立に向けた取り組みです。村と他地域との関係強化のための、非常に具体的でユニークな活動だと思います。



宇検村を「第二のふるさと」にしてもらおうと昨年スタートした「村まるごとオーナー制度」の会員数は六月一日現在、三十一人(法人九、個人二十二人)。

東京や大阪、鹿児島、沖縄と全国から集まっている。タンカンやマンゴーなど島の味が好評で、村の農業振興にも結び付きそう。村側は本年度、新旧含めて百人の会員獲得を目指している。

 村企画課によると、オーナー制度は村元気が出る公社(社長・國馬和範村長)が事業主体となり進めている。

会員になれば奄美ならではトロピカルフルーツが味わえ、奄美群島の宿泊が年間十四泊分無料になるほか、東北福祉大学と提携した健康ツアーの参加、村内の土地貸与、Iターン支援といった特典がある。

 昨年二月から準備を進め、四月に本格始動した。十二月には法人、個人合わせて二十三人の会員を獲得したが、議会から「盛り上がりに欠ける」との指摘も受けた。國馬村長はじめ村側は関東や関西の郷友会で精力的にアピールしたところ、関心も高まってきたという。

 会員の評価が高かったのがトロピカルフルーツ。オーナーにはタンカンの木を一本贈呈し、マンゴーはオーナー専用に栽培している。

村企画課には「あこがれていたマンゴーの“丸ごとがぶり”をさせていただきました。甘く、酸味もほどよく、おいしさを増していました」「タンカンは大変おいしく、満足しています」といったメールが届いている。

 オーナー制度は農家にも一定の恩恵があった。今年、地元市場はタンカンの価格が暴落したが、オーナー制度で食べた人が別途、注文した例があったという。マンゴーの栽培熱も高まっている。

 制度を活用し、延べ八十人が宇検村で宿泊した。森岡幸也企画課長は「制度によって都会の人たちと地元との交流も広がっている。タンカンの知名度アップにもつながるのではないか」と“オーナー効果”に期待している。
スポンサーサイト



<< 石垣・台湾航路の運休 | ホーム | 島嶼経済の問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP