FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第14回ゆいまーる琉球の自治 11

IMGP5028.jpg与論中央公民館の皆様が作ってくださいました。とぅとぅがなし。


IMGP5031.jpg喜山康三さんの車です。TPPについては、ゆいまーるの集いが徳之島で開催されたとき、私がTPPの奄美諸島特に徳之島に与える影響について報告したことがあります。小さな島社会にとっては、サトウキビだけでなく、医療、郵政等、いろんな面で悪影響を与えるものがTPPです。日本政府は、琉球の島々の現状や将来を考える事なく、TPPを実現させようとしています。琉球にとって大きな問題だと思います。


IMGP5032.jpg翌朝、宿泊ホテルの隣を歩きました。台風によって大破したままの状態でした。島野中には同様なホテルが何軒もありました。あらためて台風の被害の大きさを感じました。

IMGP5029.jpg奄美諸島でも、島の言葉の復興運動が行われています。言葉、文化を復興しようという動きが琉球全体でみられます。与論島を歩いていると、懐かしい島の言葉が耳に入り、同じ島の仲間であるという思いをもちました。言語復興でも琉球の島々が互いに協力できればと思います。

IMGP5036.jpgコンクリートの壁もはぎ取られ、鉄骨がむき出しになっています。ガラスドアのガラスも割れていました。海の目の前にありますが、台風の強烈さを目の当たりにしました。グアムに住んでいた時に最大風速104メートルという台風パカを体験したことがあります。宿舎のアパートは揺れ、強風によって防風の窓ガラスを割れそうになりました。このような強烈な台風の被害を受けた島人が九州や関西に移り住んで、その場所で生活をして島を思いつづけて生きてきたことを思い返しました。
スポンサーサイト

<< 住民の基地監視に圧力 | ホーム | 第14回ゆいまーる琉球の自治 10 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP