FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第14回ゆいまーる琉球の自治 14

IMGP5072.jpg皆でボートに乗って、喜山さんが守った百合ヶ浜に行きました。海の暖かい風が心地よかったです。


IMGP5073.jpgグラスボートでしたので、海底の珊瑚や魚を見る事が出来ました。

IMGP5077.jpg
与論島を何回か訪れている斉藤さんや藤原社長もボートから降りてきました。ボートの奥に見えるのが与論島です。もしも対岸に港が作られていたら潮流の関係で、百合ヶ浜が消失していたと言われます。自然の奥深さを肌で感じました。

IMGP5076.jpgボートが百合ヶ浜に近づき、停船した後、希望者は降りて、浜を歩きました。10年近く前に、奄美大島名瀬で百合ヶ浜の話を聞いて以来、どんな浜だろうかと想像していましたが、実際にその浜に裸足をつける事が出来て、感慨が大変深かったです。

IMGP5083.jpg一足先に
浜、島に上陸しました。足裏で砂を踏みしめ、一歩、一歩喜びをもって歩き巻いた。古代の琉球の島々を移動して、初めての島に上陸した琉球人も、感動をもって新しい島の感触を足裏で感じていたのではないかと想像しました。
スポンサーサイト

<< 第14回ゆいまーる琉球の自治 15 | ホーム | 龍谷大学における林先生の講義と研究会の開催 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP