FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第14回ゆいまーる琉球の自治 15

IMGP5085.jpg右から喜山さん、藤原社長、斉藤さんです。喜山さんは小さい頃よく、この浜に来たそうです。小さい頃は3メートルくらいの高さまで砂があったそうです。地球温暖化の影響かもしれません。喜山さんの表情には島を守った人の強い意志があらわれています。

IMGP5082.jpg船でご一緒した与論島で教員をしている方と、その方のお母様が楽しいそうに島の上を走り回っていたのが印象的でした。上陸した島は人を楽しくさせるのかもしれません。

IMGP5087.jpg船に残った3人も島や海について語っているようでした。船頭さんは、やさしく島の海について押して下さいました。大金久海岸で、お土産を売っていた島の方が、「とぅととぅと」といって私たちに挨拶していました。新元さんは娘さんがNHKのど自慢に出場したことを売店の女性と話をし、握手をしていました。

IMGP5089.jpg琉球の島々の浜をいくつか歩いてきましたが、大金久海岸は漂着ゴミがない、とても美しい浜でした。

IMGP5097.jpg沖縄島に向かう船が来ました。与論島に向かう船でもそうでしたが、私の父のような足が不自由な人は船会社が車で船内まで案内して下さいました。与論島に来たときの船には銭湯がありました。また無料のインターネットサービスも利用できました。行きも帰りも穏やかな航海で快適でした。帰りは私たち家族と石坂さんと一緒で、色々と話す機会がありました。
スポンサーサイト

<< 愛を運ぶツーリング | ホーム | 第14回ゆいまーる琉球の自治 14 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP