FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立への道』の読書会

22日、宜野湾にある琉球館の「しまんちゅスクール」において、私の『琉球独立への道』の読書会が開かれ、19人の方が参加して下さいました。読書会の参加者のほとんどは、独立学会のメンバーでした。私の本について議論するとともに、それぞれができる琉球独立のための活動や提案についても話し合いました。

国場さんが、すばらしいといって新聞の声の欄を紹介していたところ、隣の女性が涙ぐみ、どうしたのかと思っていたら、その投書の著者でした。偶然と言えば偶然ですが、同じ志のある方が隣に座り、互いに思いを共有し、大変感動しました。学会メンバーの横のつながりを深めることができた読書会でした。企画、準備をして下さった照屋さん、みーふぁいゆー。

参加して下さった国場さんは、琉球独立の唄の歌詞をつくり、メロディーを海勢頭さんにお願いしたいと言っていました。画廊沖縄の上原さんも、琉球独立に係る展示会を企画しておられるなど、この学会に対する期待の大きさを改めて実感したひとときでした。

今、琉球が直面している危機的状況に対して、一人一人が緊張感と覚悟をもって集まった読書会でした。来年、2月も予定されていますので、お時間がある方は、どうぞご参加ください。
スポンサーサイト

<< 自立的な草の根的な運動としての琉球独立運動 | ホーム | 今日、琉球に帰国します >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP