FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

宮古島での有機農業の実践

2007年9月23日の宮古毎日新聞に、宮古島での有機農業の試みに関する記事がありましたので、お伝えします。




農家の現状は、常に厳しいものがある。中でも自然農法を取り入れた人たちの苦労は大きい。先日、「キューバ農法に学ぶ」といった講演会があり、実際に現場を視察した伊香賀正直さんが現状報告した上でフリートーキングが行われた。

主催したのは宮古の農業を考える会(川平俊男会長)。同会は8年前に結成され約・人が籍を置く。有機農業にこだわり、毎日が試行錯誤の連続だ。川平会長は「大型農業を目指すとどうしても化学肥料に頼り環境にも悪い。

むしろ小農主義で有機肥料による農業が望まれる。そうした農家がまとまって1つの農産加工所を核に、大型貯蔵施設で出荷を調整し二級品の加工製造もすることで妻たちの仕事場も確保できる」と話す。(佐渡山政子)

長年有機農業にこだわる下里龍信さん、理解者の妻光子さんも一緒に農作業を手伝う。今、パパイヤとパッションフルーツに力を入れる。

 現在国を挙げて、有機農業を進めているキューバは、一九九一年ソ連崩壊後、八○%を輸入に頼っていた石油が入らなくなり、発想の転換で持続可能な農業を目指すことで窮状を打開した。

経済封鎖というピンチをチャンスに変えたのだった。ミミズ堆肥活用を主体に土づくり、肥料は微生物の活用、混栽、輪作による病害虫防除など、国の方針で農業が営まれている。

その結果、都市農業が国民の一二%まで増えた。これまでの駐車場に土を入れ、幾種類もの野菜栽培を可能にした。

 川平会長は「いま、宮古の土壌が弱くなっている大きな原因は、大型トラクターの導入と化学肥料。踏み固められた土壌が砂漠化してきている。不健康な土壌での作物は成長が遅く、そのため化学肥料をどんどんまく。

その結果、病害虫の発生によって農薬散布、その悪循環」と話す。その反省の上に、これからは土づくりに力を入れ持続可能な農業を目指す必要があると。会員の中で、これまで先祖が堆肥で行ってきた伝統農法を見直し、環境にやさしい農業に取り組む模索が行われている。

座談会
有機農業の課題/生産・加工・販売を一貫して

 〈下里光子さん〉 夫が二十年前から有機農業にこだわってきた。正直言って有機では生活できない。子育ても大変だった。私は副業として、ブティックを営み家計を支えてきた。でも夫のこだわりにはそれなりの価値がある。

やはりおいしさが違う。今では夫の作るカボチャの規格外の物を利用してサタテンプラを作って商品化、定着している。やっぱり有機で作った物は味が違う。土づくりがいかに大変か、夫の苦労も分かるようになり、最近では極力畑も手伝うようにしている。

 〈見里美恵子さん〉 農業をまったく知らずに嫁いだ。その上、夫は虫も一匹一匹ピンセントで取るという手間暇かかる有機農業で、慣れるのに大変だった。今でも作業が多く家と畑の往復で、先に不安が無いわけではない。

夫はほとんど本土の有機生産者でつくる「大地を守る会」などに野菜を出荷しているので、最近では私も自分なりに、残った物を調理しやすいような袋物にして市場に出すなど工夫している。

 〈古波蔵芳江さん〉 まったく農業を知らない私に、公務員の夫が畑を買い与えた。それから私の農業との格闘が始まった。有機にこだわる兄を見ていたので、私も見習ったが、農業は一筋縄ではいかない。

ハウスでニガウリやトーガンを作っているが、いったん虫が入るとそれを追い出すのに苦労する。酵素を作って葉面散布したり、毎日虫との戦い。一番害虫防除に苦労している。でも、おいしい野菜をつくるという苦労には夢がある。三年前から退職した夫も一緒に農業するようになった。
 
〈下地薫さん〉 農業を知らずに嫁にきた。夫は公務員、私は畑があるのでキビを作ったが、女の仕事ではないと分かり、野菜に切り替えた。ところが作っても売り方を知らない。そこで考えたのが加工に力を入れたら難儀せずにもうけられるかもと思った。

ネットを活用して、オリーブせっけん作りなどを研究、商品化にこぎ着けた。結局結論は、六次産業。自分で生産して加工して売るということ。これからは女性同士も情報を交換していろんな物に挑戦できると思う。宮古には宝がいっぱい転がっている。


スポンサーサイト



<< 岡部伊都子さんの生き方 | ホーム | 台湾石垣航路運休の影響 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP