FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

仲井眞知事の辺野古新基地建設承認が意味するもの

浦添で玉元さんに会うためにバスに移動しました。県庁前で仲井眞知事の不承認を求める市民運動が行われていました。県庁内ロビーで出会った、かまどぅー小の集いの上原さんたちによる「県外移設」の抗議を聞き、我が身に受け止めました。

仲井眞知事は琉球人の県外移設の声を無視して、日本政府の琉球に対する植民地支配に加担するという結果になりました。そのとき、知事は琉球に病院があるにもかかわらず、東京の病院で入院という形で琉球人の前から逃げて、日本政府からカネを引き出そうとしたのです。

これまでの振興開発によって琉球は本当に経済自立したのかどうかを検証せず、自らの足で経済をつくるという気概も見えません。

琉球人の子孫に恥じる歴史的な汚点を仲井真知事という一人の政治家は残しました。琉球側の問題を見据えるとともに、このような状況に仲井真知事を追い込んだ日本、日本人による植民地支配を問い、この植民地主義から琉球人自らが脱していく政治経済的な着実な歩みが必要であると、この写真をみて改めて思いました。

写真は左の欄にあるFBで見て下さい。
スポンサーサイト

<< いいそーがち でーびる | ホーム | 龍谷大学アフラシア多文化社会研究センターのメンバーによる琉球のフィールドワーク >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP