FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

世界のウチナーンチュ若者大会という希望

皆で浦添に移動して玉元さんへのインタビューを行いました。玉元さんは世界の若者ウチナーンチュ大会をブラジルと北米で実施した若者の代表です。

玉元さんは豪州に行って、自分が日本人とは違う琉球人であると自覚したそうです。世界のウチナーンチュ大会における世代間のギャップを克服し、琉球のためになることをしたいという強い意志をもって若者ウチナーンチュ大会の開催を仲間と話し合い、協力し合いながら実現しました。

その過程で多くの困難がありましたが、それらを乗り越えてきた話を具体的に聞きました。次回は欧州で世界の若者ウチナーンチュ大会を開くべく準備を進めているそうです。現在は、しまくとぅば推進協議会のリーダーの一人でもあり、琉球人というアイデンティティに基づいて行動している琉球人若者の行動力、勇気、溌剌さを感じました。

玉元さんのような琉球人若者が活躍しており、21世紀の琉球を世界と結びながら自らの手でつくるのだという希望を、多くの他の琉球人の若者に与えていると思います。現在の琉球の困難な状況があり、それに負けないという考え、行動する玉元さんのような勇気ある若者が琉球ではどんどん生まれています。
スポンサーサイト

<< 琉球と南米との関係 | ホーム | いいそーがち でーびる >>


コメント

琉球人=ウチナーンチュですか

「ウチナーンチュ」は「沖縄人」の琉球語発音ですね。ウチナーンチュ大会は沖縄人大会ですから、奄美人は入れないんですか。
琉球人大会にしてほしいです。琉球人は琉球語でルーチューンチュでしょうか。ルーチューンチュ大会と呼んだほうがいいと思います。
「ウチナー」もルーチュー、「ウチナーグチ」もルーチューククがいいと思います。
「沖縄」は琉球と同じではなく、奄美も含まないですし、日本が琉球國を滅ぼし名づけた植民地の地名ではないですか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP