FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

岡部伊都子さんの生き方

先週、日曜日、新宿中村屋本店におきまして、岡部伊都子さんを偲ぶ会に参加してきました。幼いころから病弱であった岡部さんは、低い目線から今の世界をしっかりと見つめながら発言する人生だったように思います。

沖縄島で亡くなった木村邦夫さんのことを一生かけて思い続け、「加害の女」と言い続け、発言してきました。そのような生き方から学びたいと思います。

2003年に沖縄島で行った「21世紀沖縄のグランドデザイン」というシンポジウムに基調講演を岡部さんにお願いしましたが、体調がすぐれず、お手紙を会場で読ませていただきました。翌年、『琉球文化圏とは何か』の合評会には、参加され、初めてお会いすることができました。

柔和なやさしい目をされ、しっかりしたお手だったと記憶しております。そのあと、海勢頭さんの出版パーティで、岡部さんが「売ってはあかん」を朗読され、心を揺さぶられました。

岡部さんからおくっていただいた『沖縄の骨』や、『沖縄に照らされて』を読むと、琉球の土地と自らが一体であるとと考えて生きていらっしゃると思いました。同時に、琉球人がどんどん、島の良いものを売っていくことに警鐘を鳴らしておられました。

偲ぶ会では、岡部さんゆかりの方がお話をされました。また、海勢頭さんや、李さんの歌も素晴らしいものでした。

8月16日には、沖縄島の摩文仁で、海勢頭さん、新川さん、三木さん、川満さんなどを発起人として、岡部さんを偲ぶ集いが開かれるそうです。

私は現在、岡部さんが生きてきた京都で働いており、何か因縁を感じます。今、『遺言のつもりで』を
読んでいます。「岡部さんとは琉球、琉球人にとって何であったのか」を考えています。

スポンサーサイト



<< 仙台でアイヌ・奄美・沖縄に関するシンポ | ホーム | 宮古島での有機農業の実践 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP