FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

仙台でアイヌ・奄美・沖縄に関するシンポ

7月5日の南海日日新聞に、仙台において、アイヌ、奄美、沖縄を「まつろわぬ民」という観点からシンポが開催されたことについて報じていますので、ご紹介します。

シンポには、本NPO理事の前利さん、与論島の喜山さんもご発言しています。



奄美にアイヌ民族と沖縄の視点を交え、「周縁地域」と日本(ヤマト)との関係を探り、それぞれの歴史意識を考えるパネルディスカッションが六月二十九日、宮城県仙台市であった。

テーマは「アイヌ・奄美・沖縄―まつろわぬ民たちの系譜〈記憶の更新/再構築〉」。薩摩の琉球侵攻から四百年目に当たる二〇〇九年を「奄美が主張する年」と提唱。アイヌが受けた異化、同化政策の報告もあった。

 パネリストは計良光範さん(「ヤイユーカラの森」運営委員長)、田場由美雄さん(沖縄県立芸大付属研究所共同研究員)、喜山壮一さん(与論島出身、著作業)、前利潔さん(知名町中央公民館勤務)の四人。企画と司会は大橋愛由等さん(図書出版まろうど社代表)。

「アイヌを先住民族」と認めるよう求める決議が国会で採択されたことを受け、アイヌの立場から発言している計さんを招いた。

 討議の口火を切ったは喜山さんは「奄美はヤマトでもなく琉球でもないという立場に立たされてきたために、二重の疎外を受け、『まつろわぬ民』というより、『自失の民』となり、長らく失語・空虚の状態に追いやられてきた。

一六〇九年こそが、失語・空虚の起点ではないか。鹿児島が奄美に対して行ってきたことを鹿児島に主張し続ける必要がある」と問題提起した。

 計良さんは「アイヌは同化と異化の両極端な政策にさらされてきた」実態を報告した。松前藩はアイヌとの交易によって藩財政を運営した。和人との直接交渉を嫌ったために、アイヌを異人として扱った(異化政策)。

幕府は現在の北海道を直轄地にして、住んでいる者が自国民であることをロシアに示す必要があり、和人化(同化)政策をとった。明治になってから北海道は「無主の地」とされ、アイヌから土地を奪い徹底した同化政策がとられた。

 前利さんは近代日本が「周縁」に当たるアイヌ・沖縄・奄美に対して「租税制度」「学校教育」「徴兵制」「参政権」の四項目の施策をどのように導入したのかを図表化して考察。奄美・沖縄に比べてアイヌが徹底して排除の対象にされてきたかを明らかにした。

 鹿児島県の「ふるさと納税」も俎上(そじょう)に上った。県に窓口を一本化するということについて、喜山さんは「鹿児島には、個人や他者の存在を考慮するという思考が欠けている」と批判した。前利さんは鹿児島県知事の「『第二次戊辰戦争のつもりで』税収アップに努力する」との発言を紹介した。

仙台藩はかつて薩長軍に「征伐」された経緯もあり、聴衆から驚きの声が上がるなど、東北ならではの反応もあった。

 パネル討議は「カルチュラル・タイフーン」というさまざまな文化研究を行うイベントの一環。奄美に特化した企画は今回で四回目。
スポンサーサイト



<< 奄美大島の麓憲吾さん | ホーム | 岡部伊都子さんの生き方 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「まつろわぬ民たちの系譜」を終えて

 29日、「まつろわぬ民たちの系譜」というサブタイトルでパネル・ディスカッション


 BLOG TOP