FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美大島の麓憲吾さん

7月9日の南海日日新聞に、あまみFMの麓憲吾さんの記事が掲載されていましたので、ご紹介します。麓さんを私にご紹介してくれたのは、南海日日新聞の久岡さんです。島おこしで頑張っている青年がいると聞いて、話を伺いました。

何度も学生に話をしてくださいました。また、学生に番組に出演する機会も与えてくれました。麓さんと話していると、本当に、心から、島のことを思って、真剣に活動していることがわかります。島の多くの若者だけでなく、他の青年たちにも生きる意味を、自らの実践を通じて教えてくれる方だと思います。




二十―四十代の男女を対象に、多分野で傑出した活動をした若者を表彰する「人間力大賞」(社団法人・日本青年会議所など主催)の会頭特別賞に、奄美市でNPO法人「ディ!」理事長を務める麓憲吾さん(36)が選ばれた。

鹿児島県からの受賞者は麓さんだけで、ラジオ放送を通して地域活性化へ取り組む姿勢などが評価された。「地域で頑張る同世代への励みになるのでは」と関係者も喜んでいる。

 今年で二十二回目を迎える人間力大賞は、地域で文化、福祉、スポーツ、その他の活動に積極的に取り組む若者を表彰するもの。同会議所では青年版の国民栄誉賞に位置付けている。

 選考にあたっては、同会議所が国内各地の青年会議所に対し、該当候補の推薦を募集し、書類審査や面接を経て入賞者を決める。今年の受賞者は大賞十二人、特別賞八人の計二十人。競馬の旗手として活躍する武豊さんらも特別賞を受賞した。

 授賞式は六日に東京であり、奄美大島青年会議所の對喜勉理事長が代理で出席。八日に奄美市名瀬の「ディ!」事務所で、對喜理事長から麓さんに賞状が手渡された。

 奄美関係では一九九〇年に、青少年の更生活動に取り組む「ゆずり葉の郷」の三浦一広所長が特別賞を受賞したが、その後は該当者が出ていない。

 麓さんを推薦した奄美大島青年会議所の岩崎勇登監事は「利害にとらわれず純粋に島興しに取り組む姿を見て、推薦を決めた」という。

 麓さんは、ライブハウス立ち上げや、島興しイベント「夜ネヤ、島ンチュ、リスペクチュッ!」など、これまでの軌跡を振り返るとともに「活動を支えてくれた多くの人々のおかげ」と、周囲への感謝を述べ「特別なバックボーンが無くても、やる気があれば何とかなる。今後も地域のため、チャレンジを続けたい」と、抱負を語った。

スポンサーサイト



<< 佐良浜中、追い込み漁に挑戦 | ホーム | 仙台でアイヌ・奄美・沖縄に関するシンポ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP