FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

韓琉フォーラム「東アジア平和空間の創出」

来週、沖縄大学で次のようなフォーラムが開催されます。どうぞお越しください。

韓琉フォーラム
「東アジア平和空間の創出」
(第2回 韓日知識人ネットワーク会議)

アジアの<周辺>が国境を越えて連帯し、新しいアジアの創造を目指す。
国家支配の地域空間ではなく、市民、大学の交流から<平和の空間>を作り上げていく。このフォーラムでは、新しいアジアのフロテンィアとしての「琉球」から、韓日研究者とともに平和実現の課題について全員参加の議論をします。

日時 : 2014年2月11日9時30分~18時(開場:9時)
会場 : 沖縄大学3-101
主催: 韓国ハンシン大学平和と公共性センター
共催: 龍谷大学社会科学研究所付属民際学研究センター、長崎大学東アジア共生プロジェクト

■プログラム

<午前の部> 9:30~12:30
総合司会:松島 泰勝(龍谷大学教授)
挨 拶 :李 起豪(韓国ハンシン大学教授)

【基調講演・問題提起】「東アジア平和問題をどう見るのか」 9:30~11:30

仲地 博 (沖縄大学副学長)「沖縄の自治と平和」
 
韓国側基調講演

多賀 秀敏(早稲田大学教授)
 
【パネル・ディスカッション】11:30~12:30
<パネリスト>
普久原 均(琉球新報社 論説副委員長)
小松 寛(早稲田大学招聘研究員、日本学術振興会特別研究員)
具 甲祐(北韓大学校教授)


<午後の部> 13:30~18:00

【テーマセッションⅠ】13:30~15:30
コーディネーター:佐藤 幸男(富山大学)
(1)「琉球独立による平和の創出」
報告:松島 泰勝
(2)「領土問題と東アジアの平和」
報告:小松 寛
討論:李恵正(韓国中央大学)、李南周(聖公会大学)、森川裕二(長崎大学)

― 休憩 ―

【テーマセッションⅡ】15:50~18 : 00
(3)「米軍基地問題を韓琉で考える」
コーディネーター:朴淳成(東国大学教授)
報告:普久原 均、イ・テホ(韓国「参与・連帯」事務局長)
(4)「日本軍「慰安婦」問題を考える」(靖国問題含む)
報告:玉城福子(大阪大学大学院、日本学術振興会特別研究員)
討論:李日栄(ハンシン大学)、葉柳和則(長崎大学)

閉会の辞 佐藤 幸男

■参加者(敬称略)
<韓国>
李起豪(ハンシン大学)、金東進(ハンシン大学)、具甲祐(北韓大学院大学)、李恵正(韓国中央大学)、イ・テホ(韓国・参与と連帯)、李熙玉(成均大学)、李日栄(ハンシン大学)、李南周(聖公会大学)、朴淳成(東国大学)
<琉球>
仲地博(沖縄大学)、松島泰勝(龍谷大学)、普久原均(琉球新報社)、高良沙哉(沖縄大学)、小松寛(早稲田大学)、玉城福子(大阪大学)
<日本>
佐藤幸男(富山大学)、多賀秀敏(早稲田大学)、葉柳和則(長崎大学)、森川裕二(長崎大学) 
<通訳>曺美樹(ハンシン大学)、鄭美香(早稲田大学)
*本フォーラムは、アジア共同体の創成への寄与を目的とするNPO法人・ワンアジア財団の後援を得ております。

<< 水平社資料を世界記憶遺産申請へ | ホーム | ゼミ生と鍋会をしました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP