FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

水平社資料を世界記憶遺産申請へ

昨日の京都新聞に「「水平社宣言」記憶遺産申請へ 柳原銀行記念資料館など印刷用画面を開く」の記事が掲載されました。山内さんたちが世界記憶遺産申請にご努力されてきたご様子に間近で接してきた者の一人としてうれしい記事です。琉球人として水平社宣言をもう一度読みなおしてみたいです。


水平社資料を世界記憶遺産申請へ

 部落差別の解決を目指して1922年に京都市で発表された「全国水平社創立宣言」の世界記憶遺産登録に向け、柳原銀行記念資料館(下京区)と水平社博物館(奈良県御所市)が3月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に申請する。

 水平社宣言は、22年3月、左京区の旧岡崎公会堂で開かれた全国水平社創立大会で、被差別集落出身の社会運動家、西光(さいこう)万吉が発表した。「人の世に熱あれ、人間に光あれ」と平等と尊厳をうたった内容は、アイヌ民族差別の解消やハンセン病問題など、多くの人権運動に影響を与えたとされる。

 申請するのは、崇仁自治連合会(下京区)や水平社博物館が所有する資料15点。水平社創立宣言文をはじめ、大会参加を呼びかけるビラ、荊冠(けいかん)旗など、発足当時の重要な資料を選んだ。当時印刷された宣言文は、全国で元崇仁小(同区)に残っていた2点しかなく、現在は両館が展示している。

 昨年10月から、推薦書類の英訳作業にかかっており、3月にユネスコに登録申請する。記憶遺産登録は2年に1回審査があり、1カ国から3件以上の申請があった場合は、日本ユネスコ国内委員会で2件に絞られる。

 柳原銀行記念資料館の山内政夫事務局長は「水平社宣言は、日本で初めての人権宣言といえる内容。後世に引き継ぐべき人類普遍の価値がある」と話している。
スポンサーサイト

<< 今日、琉球に帰国します。 | ホーム | 韓琉フォーラム「東アジア平和空間の創出」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP