FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

佐良浜中、追い込み漁に挑戦

7月12日の宮古毎日新聞に、佐良浜中学校の生徒が追い込み網を体験したとの記事が掲載されていましたので、お伝えします。琉球においても漁業従事者が減少していくなかで、地域の伝統的な漁業に若い人が関心をもって継承していくことは、大変大切だと思います。スーパーで魚の切り身にしか接することのできない若い人が増えているという。地域で生きるための技を琉球の子供たちが学んでほしい。




宮古島市教育委員会伊良部分室(佐久田元武室長)主催の二○○八年度水産体験学習が十一日、佐良浜中学校(砂川弘康校長)の一、二年生を対象に実施された。生徒たちは追い込み漁などを体験し、島伝統の水産業の大切さを実感した。

  二年生の男子十六人は追い込み漁を体験した。佐良浜地区の白鳥岬近くのサンゴ礁海域で、網を設置。漁師たちの指導を受けながら、魚群を袋網へと追い込んだ。

 この日の追い込み漁は三回行われ、アオブダイやアイゴなど約二百㌔を水揚げした。

 追い込み漁を体験した川満洋八君は「初めての体験だったので追い込み漁は結構きつかった。でも、網にかかった魚には感動した」と話し、前里直道君も「初めて追い込み漁だったが楽しかった。また、漁師という仕事の大変さも実感した」と述べた。

 二年生の女子二十人は魚の解体を体験。奥浜稀帆さんは「魚の内臓を取ることは怖くないし、作業は楽しい。これからは家でも手伝いを積極的にやっていきたい」と話し、仲間妃都さんも「魚の下ごしらえは調理学習でやって以来二回目。前回よりも上手になっている」と、包丁さばきを披露した。 

 一年生は、磯釣りに挑戦。佐良浜漁港で釣り糸を垂らし、大物の当たりがあると大きな歓声を上げて喜んだ。

 水揚げした魚は父母らの協力で料理され、カツオの切り身などは天ぷらに、女子生徒が下ごしらえしたアイゴなどは空揚げにされ、参加者全員で海の幸を堪能した。

 同学習は、伝統的な地域の漁法や海産物料理、水産加工品などについての理解を深める機会にすることなどを目的に毎年行われている。
スポンサーサイト



<< 予定調和の経済原則を超えて―宮古島の新しい歩み | ホーム | 奄美大島の麓憲吾さん >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP